涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区上野 金・土曜日の東京国立博物館は午後九時まで……その1!!!

すみません、このお話はかなり長くなりそうですので、四回に分けてアップさせていただきます(汗)!!!

つい十日ほど前の土曜日は、午後三時ぐらいからやっとウォーキングに出かけるだけの気合いが入り、谷根千あたりまで行こうかと歩き出し……。

f:id:yokobentaro:20180417165417j:plain

その途中、入谷にある地下鉄銀座線の踏切に差し掛かりましたが、そういえば、ここの踏切が降りているのを、未だかつて見たことがありませんね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180417165446j:plain

線路の反対側を覗いてみると、新車両が四台ほど並んでおりましたが、まったく動き出す気配がありませんので、早々に立ち去ることにいたしましょう……。

f:id:yokobentaro:20180417165603j:plain

で、JR上野駅の入谷口の先から『上野恩賜公園』のほうへと向かい……また『東京国立博物館』内にある「表慶館」のドーム型のフォルムに目を奪われてしまいました!!!

f:id:yokobentaro:20180417165618j:plain

久々に「表慶館」の写真を撮りつつ、常設展示も観覧しに入ってみましょうかね……。

f:id:yokobentaro:20180417165707j:plain

特別展以外の常設の展示は「総合文化展(六百二十円)」のチケットで入場できます。ここで、時計を確認すると、早くも午後三時五十分。僕の記憶では、午後五時に閉館してしまうはずなので、急いで回らなければ(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180417165724j:plain

さて、ここに入った目的は「表慶館」の写真を撮りたかったのがイチバンの理由でしたね。でも、「表慶館」はたしか閉館していた記憶が……。

f:id:yokobentaro:20180417165741j:plain

ところが、その「表慶館」で特別展示が開催されている模様。嬉しいことに、通常の入場券で観覧できるとのことです(嬉)!!! そのタイトルは「アラビアの道」、サウジアラビア王国の至宝が展示されているみたいですね……。ちなみに、この展示は五月十三日(日)まで開催されているとのことです。では、まずは「表慶館」に行ってみましょう!!!

f:id:yokobentaro:20180417165815j:plain

あれっ? 土曜日は食べ物を販売する車が出入りしているのですね。そういえば、お腹が空いたので立ち寄りましょうか……いえいえ、時間がないので後回し!!!

f:id:yokobentaro:20180417165850j:plain

そして、まずは目的の「表慶館」の外観をパチリッ!!!

f:id:yokobentaro:20180417165909j:plain

f:id:yokobentaro:20180417165927j:plain

この入口の左右には、阿吽のライオン像が鎮座しておりますが、お顔がずいぶんユニークですね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180417165946j:plain

この「アラビアの道」の展示に関しては、写真の撮影は自由なようです。人を象った巨大な像など、迫力のある展示物がエントランスでお出迎え。内部の展示もとても楽しみですね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180417170008j:plain

外観で緑色のドーム状に見えていた部分の内側は、このようになっております。小学校の遠足ではじめてここを訪れたのは、かれこれ五十年近く前になりますが、この天井に魅了された記憶が、鮮明に蘇ってきます(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180417170024j:plain

さらに奥へと進むと、まるでエジプトの出土品のような、巨大な像が並んでおりますが……。

f:id:yokobentaro:20180417170039j:plain

その奥のほうにも、円形の天井がありますね!!!

f:id:yokobentaro:20180417170102j:plain

この階段の手すりの造形美も、何とモダンでステキなこと(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180417170120j:plain

二階に上がって次の展示室に入ってみると、愉快に笑うライオンの頭部がお出迎え……。

f:id:yokobentaro:20180417170141j:plain

ずいぶんと怖い表情の、人面の彫刻も並んでおりますね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180417170159j:plain

ちょっとひしゃげてしまった、大きな人物像の頭部……紀元前一世紀から紀元後の二世紀あたりまでに作られたもののようですが、その当時の人が作ったとは思えない、見事な出来映えです!!!

f:id:yokobentaro:20180417170220j:plain

おっ! この文明にも、やはり金の装飾品がありました。でも、埋葬品のようですので、決して欲しいなどと考えてはイケませんよね(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180417170238j:plain

二階からのドームの眺めはこんな感じ。天井の壁面の装飾の見事さ、美しさにしばし目を奪われておりました。やっぱり、この「表慶館」という建築物は魅力的です!!!

f:id:yokobentaro:20180417170300j:plain

あっ……魅力的といえば、僕の好物の金貨や銀貨もありますね!!!

f:id:yokobentaro:20180417170329j:plain

さらに大好物の、フリントロック銃や古式ライフルの展示もありました。装飾も凝っていて、カッコイイですよね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180417170353j:plain

などと、ゆっくり鑑賞していたらすでに四十分近く経過……閉館時間を考えて、慌てて「本館」の展示物を観ようと移動しました。ところがその途中で博物館の人に聞いたところ、金・土曜日は午後九時まで開館をしているとのことでした(笑)。と、いうことで、次回は「本館」の中の様子を、簡単ではありますがご案内いたしますね……。