涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

豊島区南池袋 やっとのこと、無添くら寿司を堪能してきました(嬉)!!!

先月の春分の日は、友人に誘われて池袋ランチ(笑)!!! と、いいますのも、たびたび僕が「ウチの近所には『無添くら寿司』がない(泣)!」とボヤいておりましたもので……。それを不憫に思った友人が、今回誘ってくれた次第です(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180323170327j:plain

それでは、さっそく移動して『無添くら寿司』へ……ただ、お昼時から大変混雑するとのことで、午前十一時の開店直後にお店に入ることにしました。この店舗の住所は、豊島区南池袋一丁目十九番地五号になります。

f:id:yokobentaro:20180323170351j:plain

うっ、回転寿司は全皿税抜きで百円? これは本当に嬉しい価格設定ですね!!!

f:id:yokobentaro:20180323170410j:plain

さっそく席に案内されると、四人掛けの席の脇にはお寿司がグルグル回っております!!!

f:id:yokobentaro:20180323170427j:plain

そのお寿司の上には、乾燥防止の透明なドームが被さっておりますが……。

f:id:yokobentaro:20180323170443j:plain

お皿を上に持ち上げると、簡単にドームが上がって取り出せますね!!!

f:id:yokobentaro:20180323170456j:plain

タッチパネルで注文することもできるのですね(嬉)。では、回っているお寿司と併用することにいたしましょう。ほとんどが一皿に二貫載っておりますので、二人で一貫ずつ食べ進めば、いろいろな種類が楽しめます!!! あっ、ところで、このあとに表記したにぎり寿司の名称なのですが、覚え切れずにアバウトになってしまい申し訳ありません(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180323170511j:plain

f:id:yokobentaro:20180323170527j:plain

まずは立て続けに二皿、生シラスと肉厚な〆鯖をゲット。生シラスはトロリと甘く、肉厚な鯖の脂ののり具合も非常に美味ですね!!!

f:id:yokobentaro:20180323170605j:plain

お皿は一枚ずつ残しておいて、ガリとワサビを載せるお皿にいたしましょう。

f:id:yokobentaro:20180323170545j:plain

f:id:yokobentaro:20180323170646j:plain

次に、僕の好みで穴子とエンガワを取りました。フワフワで甘~い穴子に、コリッとした食感で脂ののったエンガワも最高です!!!

f:id:yokobentaro:20180323170729j:plain

f:id:yokobentaro:20180323170743j:plain

f:id:yokobentaro:20180323170801j:plain

ここで、玉子と炙りサーモンと鰹みたいなの(?)も取っちゃいましょう。ヤバい、どんどん食欲が増してきて、食べるたびに胃袋の動きが活発になってきますよね(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180323171003j:plain

さらにはタッチパネルで『竹姫寿司』のいくらを注文、友人はまぐろユッケにした模様ですが、写真は撮り忘れてしまいました。うーん、やっぱりお寿司屋さんに来たら、いくらは外せませんよね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180323171022j:plain

f:id:yokobentaro:20180323171117j:plain

オーソドックスにイカの皿を引き抜き、つぶ貝ワサビの軍艦も……イカはネットリとした食感で、つぶ貝のコリコリした食べ応えも最高です!!!

f:id:yokobentaro:20180323171140j:plain

ふぐは一皿一貫でしたが、ちょっと贅沢しちゃいましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180323171157j:plain

ウニと海鮮の和えものの軍艦も美味しいですよ。刻んだイカや魚卵が混ぜ込まれていて、まるでおつまみみたい。これはビールが飲みたくなります……。

f:id:yokobentaro:20180323171211j:plain

f:id:yokobentaro:20180323171226j:plain

またそろそろ、光りモノでも食べましょうか。そこで、真イワシとサンマをタッチパネルで注文。青魚から、DHAの補給をいたします(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180323171253j:plain

桜エビの軍艦巻も、エビの香ばしさがたまりませんね!!!

f:id:yokobentaro:20180323171317j:plain

f:id:yokobentaro:20180323171341j:plain

ちょっと珍しいところで、スズキとマヒマヒの握りも頼んでみましょう。おっ、スズキは思ったよりもしっかりした食感で、コリコリしていますね。そして、マヒマヒって、たしかハワイとかでよく食べられているお魚でしたっけ? ドレッシングのかかったオニオンスライスといっしょにいただくと、とっても美味ですね!!!

f:id:yokobentaro:20180323171402j:plain

あっ、友人はそろそろお腹がイッパイのようで、デザートのカステラを注文しましたね。コチラは甘さもちょうどよくって、僕の食休めにはピッタリの間食です(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180323171420j:plain

お腹がイッパイのはずの友人は、そのあとしっかりとアサリを注文。二枚貝独特の、凝縮された旨味が、お口いっぱいに広がりますよ!!!

f:id:yokobentaro:20180323171502j:plain

……これだけお寿司を堪能しているにもかかわらず、僕だけまだ『醤油糖質オフ麺』を注文しました。麺類が三百七十円(税抜き)というのも、魅力的なお値段です!!!

f:id:yokobentaro:20180323171525j:plain

蓋を開けると、魚介出汁と刻み葱の良い香りが漂ってきて、食欲がまた再燃焼をはじめます。少し透明度のある麺の上には、刻み葱とチャーシューがトッピングされておりました!!!

f:id:yokobentaro:20180323171644j:plain

まずは麺から……おっ、ちょっとプリプリした麺で、アッサリとしたヘルシーな感じのお味です。蒟蒻が原料かもしれないのですが、違和感もなくなかなかの美味、スープも出汁が効いていて、その塩気と旨味が充分に搦んでおります!!!

f:id:yokobentaro:20180323171703j:plain

おっ! 麺の下には、茹で卵が隠れておりました……。

f:id:yokobentaro:20180323171722j:plain

さて、そろそろお腹も限界になってきましたので、〆に鮪の握りを一貫ずついただきましょう。やっぱり鮪は食べておかないと気が済みませんよね(笑)。で、本日二人で食べた寿司皿は二十二皿、それに加えて『醤油糖質オフ麺』を一杯頼みまして、お値段は合計二千七百七十五円。ビックリするようなお安さですね(嬉)!!!

あっ……お皿を五枚返却すると、タッチパネル上に展開される、クジ引きのようなものが四回引けましたがすべてハズしました。クジ運は相変わらずダメみたいです(泣)……。