涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区側の駒形橋付近 麺屋 江武里の限定ら~麺は一月三日(水)まで!!!

みなさま、新年明けましておめでとうございます!!!

f:id:yokobentaro:20171231180624j:plain

あっ……年賀状をいちおう作ってはみたものの、昨年末はバタバタしてしまい、ちょっと手抜きになってしまいました(泣)!!!

f:id:yokobentaro:20171231180647j:plain

で、年明け早々ラーメンのお話で申し訳ありませんが、浅草雷門近くにある『麺屋 江武里』というラーメン店で、お正月限定メニューを見つけてしまいましたもので(汗)……。

f:id:yokobentaro:20171231180706j:plain

この限定メニュー、昨年の十二月三十日から始まったようで、終了は一月三日までだそうです。えっと、そのメニューの名前は『贅沢本膳江戸醤油ら~麺』だそうで、同時につけ麺メニューも販売しているようですね。

この『贅沢本膳江戸醤油ら~麺』、高級割烹ヒゲタ本膳を百パーセント使用した江戸醤油ダレに、自家製鴨ネギ油・全粒粉入り特注麺を合わせているとのこと、さっそく食べてみることにしましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171231180744j:plain

それでは、入口横の券売機で食券を購入。『贅沢本膳江戸醤油ら~麺』は七百九十円……あっ、全部のせは九百九十円なので、こちらのボタンをポチッと!!!

f:id:yokobentaro:20171231180811j:plain

食券を店長さんに手渡し、待つこと数分で『贅沢本膳江戸醤油ら~麺(全部のせ)』が配膳されてきました。スープは比較的澄んでいて、表面には鴨ネギ油の油膜が張っております。

f:id:yokobentaro:20171231180831j:plain

トッピングには、豚・鶏の二種類のチャーシューが各二切れ、千住葱と三つ葉、焼き海苔が三枚ほど添えられていて……。

f:id:yokobentaro:20171231180854j:plain

味玉もゴロリと存在感を主張しております(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20171231180908j:plain

まずは麺からいってみましょう……特注で中細の中華麺はモチッとした食感ながら、歯応えはしっかりしておりますね。ツルリとはしているものの、しっかりとスープが麺に搦み付いてきます。

f:id:yokobentaro:20171231180927j:plain

そして、そのスープの醤油味はまろやか!!! 本当に高級割烹で使用されている感じの上品な風味、醤油の芳醇な香りがたまりません。塩気も角がなく、甘みや旨味のバランスの良い、自然に身体が欲するような美味しいスープです。薬味の千住葱の辛みと甘味、三つ葉の風味もピッタリの相性ですよ!!!

f:id:yokobentaro:20171231180944j:plain

豚肉のチャーシューは、ハーブや香辛料を塗って熟成したものを、低温で焼き上げたという少しレアな食感……まるでローストポークのような美味しさです!!!

f:id:yokobentaro:20171231180958j:plain

鶏チャーシューのほうは、サッパリとしていてとても滑らかな口当たり、ほんのりとコショウなどのスパイスの香味が感じられます。こちらも、すごく柔らかく仕上がっておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20171231181016j:plain

ある程度食べ進んだところで、お楽しみの味玉をガブリ……半熟の黄身の中心はレアでマッタリとしていて、スープに溶いて啜ると至福の美味しさですね。もちろんスープはすべて飲みきり完食、身体もすっかり温まりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171231181029j:plain

この『麺屋 江武里』の住所は、台東区雷門二丁目四番地一号。駒形橋たもとの交差点にある『喜多方ラーメン 坂内』の、すぐ左隣にありますので、三が日までの初詣で『浅草寺』にいらっしゃるようでしたら、ぜひ試されてみてくださいね!!!