涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯にも、釜たまうどんがありました!!!

先週の金曜日は、小学校時代の仲間の忘年会に誘われておりましたが、うっかり昼食を食べそびれてしまい、気付けばもう午後四時近く……。空腹で飲むのは、かなりキケンそうですよね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133659j:plain

そこで、軽くうどんでも食べておこうかと考え、いつものように蔵前橋通りと浅草国際通りの交差する角にある『なか卯』に食事に出かけてきました。

f:id:yokobentaro:20171225133714j:plain

例によって、店頭に貼り出されているメニュー表を物色……『釜たまうどん』の並三百九十円というメニューがあることに、今さらながら気付きました。これなら消化も早そうですし、午後六時半からの宴会までにはお腹にも隙間ができるでしょう。さらには「こだわり卵」の文字も気になります(笑)。

f:id:yokobentaro:20171225133734j:plain

さっそく店内に入って食券を購入……窓際の席に腰かけると、何だか小ぶりなクリスマスツリーが置かれておりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133758j:plain

それはさておき、待つこと三分ほどで配膳されてきた『釜たまうどん』がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20171225133814j:plain

あっ、てっきり生卵がトッピングされてくるかと思いきや、別添えになっているのも嬉しいかも。醤油ダレをかけられたうどんには、刻み青葱と白ゴマが添えられておりますね。さらには柚胡椒付きなのも良い感じです(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133830j:plain

f:id:yokobentaro:20171225133843j:plain

生卵は、黄身と白身を分けられるスグレモノの調理具が添えられておりますが、こうした心遣いはとても嬉しく感じます。でも、勿体ないので白身ごと投入するつもりですが(笑)。

f:id:yokobentaro:20171225133859j:plain

せっかくですので、まずは卵を落とさずに、そのままぶっかけ状態で食してみましょうか……おっ、ツルツルモッチリで柔らか食感のうどんは安定した美味しさですが、それに加えてお出汁の効いた醤油ダレがピッタリ合いますね。青葱のほどよい辛みと白ゴマの香ばしさも相俟って、このままでも充分に楽しめますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133915j:plain

では、この中に生卵を投入し、柚胡椒を絞り出しましょう!!!

f:id:yokobentaro:20171225133933j:plain

……んっ! 生卵を溶いてうどんに搦めると、濃厚かつマッタリとした旨味が加わって別物に変身しますね。まるで上質な卵かけご飯のうどん版のようで、ツルツルといくらでも食べられてしまいそう!!!

柚胡椒の香りもさることながら、青葱の香味も相俟って、一気に食べきってしまいました(汗)。完食までの所要時間は、ほんの五分足らず……もう一杯食べたい衝動に駆られましたが、夜の宴会のことも考えて大人しく退散いたしました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133951j:plain

で、その二時間後には地元仲間の宴会に出かけてまいりましたが、その会場はこの『雷門』のすぐ右脇になります。ここで問題……これから僕が行こうとしているお店は、どこでしょうか? 勘のいいみなさんはそのお店がどこか、もう気付かれたかと思いますが、長くなりましたので、続きはまた明日にいたしますね!!!