涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

地下鉄銀座線稲荷町近く いつの間にか、日高屋にカタヤキソバが……

先週の日曜日は「そろそろ都内の樹々も色づいてきたのでは」と思い立ち、『上野恩賜公園』に再び出かけてみることにしました。まずは、浅草通りを上野駅方面へとブラブラ……。

f:id:yokobentaro:20171115144040j:plain

ふと、その途中で空腹感を覚えましたので、時計を確認するともう午後三時……ちょうど東京メトロ銀座線の稲荷町付近にある熱烈中華食堂『日高屋』の存在が目に止まりました。

f:id:yokobentaro:20171115144138j:plain

ちょっとガラスケース内を覗いてみましょう。すると、『カタヤキソバ』五百八十円というメニューが目に飛び込んでまいりました。いつの間に『カタヤキソバ』なんて追加されていたのでしょうね?

f:id:yokobentaro:20171115144204j:plain

さっそく店内に入り『カタヤキソバ』を注文、すると五分と待たずにコチラが配膳されました!!!

f:id:yokobentaro:20171115144418j:plain

あんかけに覆い尽くされて麺が見えません。そのあんかけの具材は、もやし・人参・キャベツ・白菜・ブロッコリーなどの野菜類に加え、蒲鉾・豚肉・海老も使われておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20171115144455j:plain

その頂点を飾るのはウズラの卵が一個(嬉)!!! これは最後に食べよう……。

f:id:yokobentaro:20171115144559j:plain

あんかけを退けてみると、細いカタヤキソバの麺が現れますが、ここの麺は細麺なのですね。では、まずは麺から……おっ、皿うどんの麺のような感じでパリッパリの食感ですが、そこそこ硬めの歯応えが良い感じ。人参などは薄切りで、充分に火が通っていて柔らか。ブリッコリーのしっかりした食感に、サクッとした白菜の歯触りも楽しく、これならたくさんの野菜が摂れて僕向きかも(笑)。餡のトロ味もしっかりと付いていて、麺との搦みも良いですね。味付けは塩気・甘味よりも旨味が前面に出ていて、ほのかに香る胡麻油の風味がたまりません!!!

そして、最後まで残しておいたウズラの卵を堪能し、皿に残った餡を飲み干し完食。さて、お腹も落ち着いたのでウォーキング再開です(笑)。

f:id:yokobentaro:20171115144618j:plain

『上野恩賜公園』には『国立科学博物館』方面から入りましたが、かなり紅葉した樹もありますので、期待が高まります。

f:id:yokobentaro:20171115144644j:plain

で、噴水の方向に歩いていくと……これは何?

f:id:yokobentaro:20171115144747j:plain

別のアングルからよく見てみると、何と噴水池の中に建造されていることにビックリ!!!

f:id:yokobentaro:20171115144803j:plain

噴水近くの立て看板を確認したら、どうも『上野恩賜公園』内では、「上野文化の杜 TOKYO数寄フェス2017」というイベントが開催されているようです。

f:id:yokobentaro:20171115144844j:plain

そして、この建造物は、かつてこの地に存在していた寛永寺の山門「文殊楼」をモチーフにしているとのことでした。たしかに、山門の骨格のように見えますよね!!!

f:id:yokobentaro:20171115144900j:plain

その近くには、九月の「藝祭」で練り歩いていた『東京藝術大学』の学生作のお神輿も展示されております。見事なビーナス、やっと近づいて観れた(嬉)……。

f:id:yokobentaro:20171115144914j:plain

f:id:yokobentaro:20171115144930j:plain

バイクと亀をモチーフにしたお神輿も展示されておりますよ!!!

f:id:yokobentaro:20171115144953j:plain

……あっ、肝心の紅葉は、このような感じで先週よりも色づいてきたことがわかります。このぶんだと、今週末あたりはさらに綺麗なのでは、と想像しますが(笑)。

f:id:yokobentaro:20171115145012j:plain

せっかくここまで来ましたので、自由の女神の写真も押さえておきましょうか。夕陽を浴びると、いっそう神々しく見えますよね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20171115145043j:plain

さて、本日はそこそこ紅葉が堪能できましたので、そろそろ引き返しましょうか……。