涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴での同期会、宴会コース+飲み放題(笑)!!!

昨日は、宴会の前日に参加人数が、やっとのことで確定したところまでお話いたしました。で、その翌日の土曜日は、晴れて地元の同期との宴会が、無事に開催されるはず……。この日のコースは二千六百八十円の『寿コース』に千二百八十円の飲み放題を付けて、〆て三千九百六十円……切りが悪いので四千円の会費にしました(笑)。

ちなみに、端数は往復ハガキ代として回収しましたが、ちょっと足が出ました(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170919115922j:plain

参加人数は合計十六人なので、統率をとるのはかなり難しそうです。なんせ五十も後半のオッサンの集まりなもので(大汗)。始まりは午後六時半……とりあえず、幹事は僕ですので、二十分ほど前に着きましたが、早くも四人ほど到着しておりました(汗)。

f:id:yokobentaro:20170919115958j:plain

で、午後六時半の時点で十四人ほど集まりましたので、全員揃うのを待たずに宴を始めることにしましょう。飲み放題のメニューは、けっこうメニューが充実しておりますね。

f:id:yokobentaro:20170919120017j:plain

とりあえずは瓶ビールで乾杯しましょう(笑)!!! あっ、このタイミングで遅れていた二名も到着、全員揃いましたので再度乾杯……。

f:id:yokobentaro:20170919120513j:plain

では、さっそくお料理を出していただきましょう。まずは『前菜四点盛り合せ』が配膳されてきました。あっ、これ以降のお料理写真は、ひと皿で五人前になります。僕の大好物のピータンに合鴨肉チャーシューと棒棒鶏、クラゲの酢みそ和えも添えられております。

f:id:yokobentaro:20170919120528j:plain

次に運ばれてきた大皿は『大エビチリソース炒め』。海老が大ぶりなので、満足度も高いですね。背を開いてありますので、見た目もキレイに丸まっておりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170919120714j:plain

『アスパラと牛肉炒め』へと、お料理は続きます。トロ味のついたタレを纏った柔らかいお肉と、アスパラ・きのこなどの食感が加わりとても美味。ついついお酒が進んでしまいますね!!!

f:id:yokobentaro:20170919120745j:plain

さらには『ホタテのトーチ炒め』が配膳されてきました。ひと口齧った時点で、海老しんじょうかと思ったら、その中心には大きなホタテの貝柱が入っていてビックリ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170919120804j:plain

ここで、僕はビールから『ウーロンハイ』に飲み物を変更しました。お会計を済ますまでは、あまり酔っ払うわけにもいきませんので、紹興酒などは控えて……。どちらにしてもこの時点で、どうもお店の瓶ビールを飲み尽くしてしまった模様です(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170919120927j:plain

まだまだお料理は続きます。あれっ、これは何でしょう? 小麦粉を焼いた皮に胡瓜と葱を包んで甘味噌で食べる、箸休め的なものかと思いきや……。

f:id:yokobentaro:20170919120947j:plain

『北京ダック』の皮があとから運ばれてきました!!!

f:id:yokobentaro:20170919121001j:plain

皮を広げてキレイに盛り付け包みます。うーん、『北京ダック』の皮の食感と甘味噌の組み合わせがたまりませんね!!! そういえば、『北京ダック』って、五十数年の生涯で三回ぐらいしか口にしたことがありません(苦笑)……。

f:id:yokobentaro:20170919121022j:plain

『海鮮おこげ』は、揚げたての熱々のおこげに海鮮餡をかけますが、あの、「ジュッ!」という音が食欲を駆り立てますよね!!! ただ、餡もかなり熱いので猫舌にはキケンな食べ物。とっても美味しいのですがね……。

f:id:yokobentaro:20170919121134j:plain

そして、プリップリ食感の『蒸しエビ餃子』も配膳されてきましたが、こちらもヤケド注意ですよ。海老の旨味もとても美味……いくつも食べたくなりますが、一人一個は守りましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170919121149j:plain

終盤で配膳されてきた『季節の野菜炒め』は、豆苗のようですね。コチラはシンプルなようで、塩気とにんにくの効いた奥深い味……このメニューで、さらにお酒が進んでしまいます(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170919121310j:plain

〆のご飯ものは『腸詰めチャーハン』。この時点でかなり満腹状態のはずですが、腸詰めの甘い味付けとマッタリとした玉子チャーハンのコラボが美味しくて、ほとんど僕が平らげてしまいました!!! と、いうか、もうみんなお腹が限界みたいでしたので……。

結局、始まりから一時間半で飲み物はラストオーダーになりますが、みんな直前に二杯~三杯注文してお酒を確保する始末。午後八時半にお開きになりますので、その前には手元の杯は飲み干すようにと促し、何とかお酒は残さずに宴会を〆ました(疲)。このあとは希望者のみで二次会を開きましたが、もうその時点から記憶が飛び出しました(泣)。きっと、これでしばらく幹事を引き受けなくて済むので、その安心感から飲み過ぎたのですね……。

f:id:yokobentaro:20170916142549j:plain
この『中国飯店 楽宴』というお店の住所は、台東区駒形一丁目六番地二号になります。再度地図を貼り付けておきますね(笑)。