涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

ここしばらく涼しいので、とんこつラーメンや油淋鶏が食べられました!!!

台風が通過したあとの、その置き土産の一時的な暑さは酷いものでした(泣)。実は、そのだいぶ前から夏バテからくる体調不良で、怠くてお昼近くまでアパートから動けない状態でした。ところが、ここしばらくの梅雨のような天候と気温のおかげで、早朝から普通に動けるようになりました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170812134639j:plain

で、今のうちに体力を回復しておこうと向かった先は、蔵前近辺にある『日高屋』。ここしばらく避けていた、熱々のラーメンでも食べてやろうではありませんか(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170812134747j:plain

とりあえず、ガラスケースを覗いて……あっ、『とんこつラーメン』って四百二十円でしたっけ。醤油よりもカロリーが補給できそうなので、本日はこれにしてみましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170812134809j:plain

注文してから、五分とかからず配膳されてくるのは流石、しかもかなり熱々ですね(汗)……。麺は中細の縮れ中華麺、トッピングは豚バラ叉焼二枚にメンマ、焼き海苔に刻み葱が添えられています。白ごまも適量浮いていますよ。これで四百二十円は、やっぱりお安いですね!!!

f:id:yokobentaro:20170812134825j:plain

では、麺からいってみましょう……うん、ちょっと硬めな茹で具合がいい感じです。スープは、とんこつ味にしてはかなりあっさりとしていますが、麺にはよく搦んでおりますね。おそらくは胡麻油などを使って、動物系の脂よりも軽い印象を与えているのでしょう。塩気が効いていて、ちょっとだけ尖った印象もしますが美味しいですよ!!!

f:id:yokobentaro:20170812135006j:plain

さらに美味しさを追及、ブラックペッパーをタップリと入れてみましょう。すると、パンチの効いたスパイシーなスープに早変わり。この状態で半分食べ進めたあたりで、卓上のお酢を回しかけてみると、かなりサッパリとして、夏向きの『とんこつラーメン』となりました。夏が終わるまでは、この食べかたで体力をキープしたいと思います。しっかし、ラーメン一杯程度で満腹になってしまうとは(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170812135030j:plain

そしてその翌日、さらなるパワーを求めてやってきたのは駒形にある『中国飯店 楽宴』。ガッツリと中華料理で、衰えた胃袋を完全に復活させましょう(笑)!!!

いちおう、ここの住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。

f:id:yokobentaro:20170812135056j:plain

まずはメニュー看板を確認。久しぶりに『油淋鶏』定食六百八十円あたりを食べてみましょうか。甘味・酸味・辛味の三味一体の油淋鶏ソースの旨さで、ここしばらく失せていた食欲も戻ってくるかもしれません!!!

f:id:yokobentaro:20170812135159j:plain

さっそく店内へ……実は、来月はここで地元の仲間内の宴会をここで開きますが、十数人ですと、この縦長のラインを占拠することになりそうですね。あっ、それはさておき……。

f:id:yokobentaro:20170812135217j:plain

席に着いて、早々に『油淋鶏』定食を注文しましょう。すると、待つこと五分ほどでコチラが配膳されてきました。久々のご対面ですが、量の多さに怯みますね……。

f:id:yokobentaro:20170812135233j:plain

セットにはワカメと玉子の中華スープ・搾菜・白飯、デザートには杏仁豆腐が付いております。

f:id:yokobentaro:20170812135250j:plain

うーん、何度見ても盛りが壮観、キツネ色をした油淋鶏が目一杯です(笑)。油淋鶏は甘辛酸っぱいタレと衣の搦みも絶妙ですね。添えられたキャベツの千切りと水菜には、マヨネーズベースの甘酸っぱいドレッシングがタップリとかかっていて、美味しいですよ。

では、油淋鶏をひと口……薄衣がカリッカリに揚り、ちょっとピリ辛な甘酢ダレがたっぷりとかかっていてとっても美味。内側の鶏肉はとても柔らかく仕上がっていて、鶏皮に脂がほどよくのっていますね。

f:id:yokobentaro:20170812135312j:plain

一杯目のご飯は、このまま食べ進みましたが……。

f:id:yokobentaro:20170812135347j:plain

お替りしたご飯は、残った油淋鶏を盛って、油淋鶏丼にしちゃいましょう!!! これが思いのほか食べやすいので、一杯目から載っけて食べれば良かったかも(笑)。で、これらを完食しきった頃には何となく、新陳代謝も活発さを取り戻したようにも思えますが、暑さがぶり返さないうちに、できるだけ熱のあるお料理を楽しんでおくのも、身体には良いのかもしれませんね(汗)……。