涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

毎月1日は壱角家の日? なんと家系塩ラーメンが500円でした(嬉)!!!

少しだけ遡って、八月一日のお話になります。最近、ちょっと蔵前近辺にある『日高屋』ばかり通っておりましたので、たまには素通りして、浅草橋方面のお食事処を物色すべく、都営浅草線の蔵前駅あたりをブラブラ……。

f:id:yokobentaro:20170802175128j:plain

すると、チェーン店の『横浜家系ラーメン 壱角家』の店頭には……。

f:id:yokobentaro:20170802175157j:plain

「毎月1日は壱角家の日 限定家系ラーメン(醤油)(塩)500円(税込)」

と、告知をした立て看板が出されておりました。『家系ラーメン』が五百円? たしか、通常ですと七百円は超えてた記憶があるので、かなりお得ですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170802175216j:plain

さっそく店内に入って、食券を購入しましょう。えっと……『家系醤油ラーメン』と『家系塩ラーメン』が対象ですね。ふだんから醤油は食べていますので、せっかくなので『家系塩ラーメン』五百円を試してみましょう(笑)!!!

食券の表面には、味は「濃い味」「普通」「薄味」、麺の硬さは「硬め」「普通」「やわらかめ」、油は「多め」「普通」「少なめ」、という項目も一緒にプリントされていますが、好みはすべて「普通」でお願いしました。

f:id:yokobentaro:20170802175611j:plain

そういえば、ここの店舗は全時間帯ライスが無料で食べ放題でした。現在ダイエット中なのですが、せっかくなので一杯だけライスを貰うことにしましょうか……。

f:id:yokobentaro:20170802175624j:plain

テーブル上には「おろしにんにく」「豆板醤」「テーブルコショウ」「白ゴマ」など、定番の調味料に加えて「刻み生姜」と「玉葱」が置かれております。この二つはぜひトッピングしたいですね。

f:id:yokobentaro:20170802175641j:plain

そして、待つこと五分ほどで配膳された『家系塩ラーメン』がコチラ!!! スープが白くでクリームスープのようですね(嬉)。トッピングは、家系らしく焼き海苔三枚にほうれん草・チャーシュー・刻み葱。それプラス、ウズラの味玉子がひとつ載せられています。

f:id:yokobentaro:20170802175702j:plain

しっかし、これが五百円で食べられるとは、毎月一日の昼食のメニューは決まったも同然ですね。まずはスープをひと口啜ってみましょう……おっ、豚骨の濃厚な出汁の旨味がダイレクトに伝わってくる、クリーミーな塩味のスープ。これだけ濃厚なのに豚骨独特の臭みは強くありません。醤油味で食べ慣れていたので、とても新鮮に思える美味さですね!!!

f:id:yokobentaro:20170802175722j:plain

それでは、「刻み生姜」と「玉葱」もトッピングしましょうか(笑)。

f:id:yokobentaro:20170802175740j:plain

次は太麺を……おっ、手応えがズッシリとしてますね。硬さは「普通」にしましたが、ちょっと硬めで歯応え抜群、スープの旨味と塩気がよく搦んで美味です。トッピングした刻み玉葱はけっこう辛味があり、ガリを短冊切りにした生姜の甘味と酸味も加わると、さらにスープの旨味が増しますよ(嬉)。麺を啜るのが止まらなくなりますが、ここでいったんラーメンは休憩、ライスをいただきましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170802175800j:plain

で、ライスにはチャーシューを載せていただきますが……うーん、この薄切りチャーシューはプリッとした食感で、脂身がすごく美味いですね。このチャーシューでお米を半分ほど平らげたら……。

f:id:yokobentaro:20170802175818j:plain

焼き海苔をスープにどっぷり浸して、残ったライスといっしょに食べましょう。やっぱりお米と焼き海苔の相性はピッタリ、あっという間に食べきってしまいました。そして、スープをすべて飲みきった頃にはもう汗だく……これはさっそく仕事場に戻って、毎月のカレンダーの一日の部分に、赤丸を書き込んでおかないといけませんね!!!