涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区田原町交差点 寿司居酒屋 日本海で、ランチのお好み三色丼!!!

今週の月曜日のお話になりますが、お昼時に急に母親がここ浅草田原町にある仕事場にやって来たので、共同経営をしている実弟と三人で食事を摂ることになりました。

f:id:yokobentaro:20170620152828j:plain

近場での昼食ということで、仕事場からほんの二、三分ほどの場所にある『寿司居酒屋 日本海』の浅草店に入ってみることにしました。住所は台東区雷門一丁目六番地五号になります。

 

f:id:yokobentaro:20170620152846j:plain

都営銀座線の田原町からは徒歩数十秒。交差点の角で、この店舗はかなり目立ちますね。いちおう地図も貼っておきますが、必要ないかもしれません(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170620152900j:plain

店舗の一階には四人がけのボックス席がありまして、そちらに通されランチメニューの確認……どうしても握り鮨はお高いイメージがありますが、この価格表を見た限りそうでもありませんでした(笑)!!!

それでも、握り鮨はご飯が少なそうなので、ここは丼もののメニューから……『お好み三色丼』八百八十円を選んでみましょうか。このメニューは「天然インド鮪赤身・白身・サーモン・いか・ほたて貝・甘えび・煮穴子・光物・数の子・いくら」から各一ネタをお好みで三種類選べるとのこと。味噌汁付きで、ご飯の大盛りサービスというのもポイントが高いですね!!!

f:id:yokobentaro:20170620152924j:plain

そこで、この中から「天然インド鮪赤身・煮穴子・いくら」の三種を選択、ご飯はもちろん大盛りにしました(笑)。では、熱いお茶を啜りながらしばし待ちましょう。あっ、この湯呑、何気に良い感じで欲しくなりますね。などと思っているところ、ほんの数分で……。

f:id:yokobentaro:20170620152939j:plain

コチラが配膳されてきました!!! 直接酢飯にネタだけ載ってくるのかと思いきや、胡瓜や大葉・ガリなどをご飯の上に敷いた状態でネタが載せてありました(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170620153255j:plain

さらには、思ったよりも丼が大きくて酢飯も目一杯盛られております。見た目ふっくらと炊かれた煮穴子に鮪の赤身が三切れ……それに、小ぶりながらオレンジ色にキラキラ輝くタップリのイクラがとっても美味しそう。黄色いタクアンが添えられているのも、彩り的に綺麗ですね。それでは、鮪の上にワサビを添えて、いただきます!!!

……うーん、さすがにネタが新鮮です。アッサリとした赤身は、しっかりと鮪の旨味が伝わってきます。穴子は思った通りふっくらといていて柔らかく、口の中で蕩けてしまいそう……煮きりも甘過ぎずとても美味。いくらの醤油漬けも、ほどよい塩気と甘味がたまりませんね。これなら大盛りご飯も何のその、どんどん量が減っていきます!!!

f:id:yokobentaro:20170620153327j:plain

味噌汁の具は、とろろ昆布に刻み葱、それと小さなお麩が浮いております。こちらもちょうどよい塩加減で、とても美味でした。ただ、さすがに大盛りは食べきると、お腹が苦しくなります(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170620153359j:plain

さて、そんな状態でしたので、夕方になってもいっこうにお腹は空いてまいりません。そこで、ちょっと柳橋方面にウォーキングに出かけましょう。まずは浅草橋から、柳橋をパチリッ!!!

f:id:yokobentaro:20170620153412j:plain

ここから神田川沿いに、柳橋へと向かいましょう。水面に浮かぶ屋形船のある風景は、もう何十年も変わっていない印象で、見ていてすごく心が和みますね!!!

f:id:yokobentaro:20170620153426j:plain

そして、夕陽を浴びる柳橋に到着……。

f:id:yokobentaro:20170620153523j:plain

コチラから浅草橋方面を臨むと、ちょうど陽が沈みかけていて、いい感じの写真が撮れますよ(笑)!!!!!