涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草田原町にある吉野家でお昼ご飯 七連発で、湯呑をゲット(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170609181336j:plain

浅草田原町にある『吉野家』店舗限定のキャンペーン、さらに土壺にハマっております(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170609181443j:plain

これは、「田原町店」で食事をすると渡される専用カードにスタンプが七個貯まると、オリジナルデザインの湯呑・茶碗・My箸・小皿・扇子、もしくは『牛丼』の並盛り一杯と交換できるというもの。前回茶碗を貰ったら、どうしても湯呑も欲しくなりました。あっ、これは僕が日本酒などを飲むために欲しいもので(汗)……。専用カードの配布は二〇一七年七月二十五日の午後三時まで、スタンプの押印・景品の引換は七月三十一日の午後三時までなので、まだまだ余裕で数品ゲットできますね。

f:id:yokobentaro:20170609181506j:plain

まずは初心に戻り、普通に『牛丼(並)』三百八十円と『味噌汁』六十円を注文しました。合計四百四十円と、ワンコインでもお釣りがきますね(笑)。

f:id:yokobentaro:20170609181530j:plain

『牛丼』には、紅生姜を山盛りに盛って、いただきます……うーん、やっぱり安定した美味しさ。お馴染みのタレで煮込まれた、お肉の脂身の旨味と玉葱の甘味で、ご飯もあっという間に平らげられてしまいますよね。

f:id:yokobentaro:20170609181555j:plain

その翌日も、いちおう牛肉のメニューでしたが、ちょっと奮発して『牛カルビ丼(並)』五百八十円にしてみました。このメニューには、コチュジャンが小袋で付いてくるのですね。あっ、さすがにこうも暑くなると、味噌汁には触手が伸びなくなります(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170609181617j:plain

お肉は焼いてあるので、牛丼のそれとは違い歯応えがしっかりしております。焼肉のタレとコチュジャンの甘味、それと胡麻油の風味でご飯が進のなんのって、食べきるのに五分も必要ありませんね(汗)。

f:id:yokobentaro:20170609181701j:plain

三日目は牛肉が連続したこともあり、新発売の『ねぎ塩豚丼』四百五十円を試してみることにしました。コチラのメニューには、擂りおろした生姜も添えられておりますね。それに、豚肉の上には、細く刻まれた長葱と白ゴマがトッピングされております。

f:id:yokobentaro:20170609181732j:plain

そのお味は……さっぱりとしたトロ味のある塩ダレの味付けに、玉葱の甘味と豚肉の旨味、そして長葱の辛味が合わさって、これはまた通常の『豚丼』とは違った美味さですね。さらに、生姜の擂りおろしを合わせると、爽やかな風味が増して暑い日にはピッタリの丼となります!!!

f:id:yokobentaro:20170609181754j:plain

四日目は、そろそろ丼にも飽きがきたのでカレーメニューに変更、『チーズ黒カレー』四百五十円にしてみました。見た感じ、白っぽいチーズと黄色っぽいチーズの二種類が使用されているみたいですね。時間が経つにつれて、熱でチーズが蕩けてきます!!!

f:id:yokobentaro:20170609181815j:plain

黒カレーは、どちらかといえばかなりスパイシーで辛めな味付けですが、チーズのコクのある旨味とまろやかさが加わると、すごく奥の深い美味さへと変貌いたします。

f:id:yokobentaro:20170609181845j:plain

そして五日目もカレーメニューから……前日はチーズをトッピングしましたので、せっかくなので『半熟玉子黒カレー』四百二十円も試してみましょうか(笑)。

f:id:yokobentaro:20170609181911j:plain

さっそく玉子をカレールーに溶き込み、いただきます……うーん、こちらもチーズに劣らずマイルドでコクのある旨味、黄身のコッテリとした味覚が加わるだけで別物の美味しさになりますね。ただ、チーズよりはさっぱりとしていますので、普通盛りではちょっと食べ足りない感じも残ります。

f:id:yokobentaro:20170609181934j:plain

で、チーズのトッピングも玉子のトッピングもとてもコクが加わって美味しかったので、六日目はどちらも載った『半熟玉子×チーズ黒カレー』五百二十円にしてみました。

f:id:yokobentaro:20170609181956j:plain

さすがにこれらを全部カレールーに混ぜ込むと、収拾のつかないことになりますので、少しずつ混ぜながらいただきましたが、チーズの旨味に玉子が少々押され気味になりますね。なので、この二種類は混ぜてしまわないように食べるのが得策かも(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170609182029j:plain

ついに七日目、これでスタンプをフルコンプできます!!! でも、さすがに牛&豚丼やカレーメニューが六日も続くと飽きてきますので、ここは奮発して『鰻重一枚盛』のセット八百二十円にしてみましょうか。あっ、『鰻重一枚盛』は単品ですと七百五十円ですが、さすがにこのメニューは『お漬物』と『味噌汁』が付かないと寂しいものがありますよね……。

f:id:yokobentaro:20170609182052j:plain

それでは、鰻の上に添え付けの山椒をすべて振りかけ、いただきます……レトルトなことはわかってはいるものの、やっぱり鰻は美味ですね。歯応えがそこそこあり、ねっとりとした食感に甘めのタレがよく合います。この味付けなら、ご飯がこの倍食べられそうな気がしてきますが(汗)。鰻の美味しさを噛み締めながら、いつもより時間をかけて完食しました……。

f:id:yokobentaro:20170609182114j:plain

そして、会計時にゲットしてきた景品がコチラ。さっそく箱を開けてみましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170609182137j:plain

この『吉野家』の柄の湯呑、決してお店にあるような大きいものではありません。日本酒なら一合も注げないと思いますので、晩酌時に適量飲むにはお手頃ではないでしょうか。夏場は冷酒、冬にはぬる燗と、これからの活躍が楽しみですね(笑)!!!

で、どうしましょう。この次は、扇子あたりをゲットしてきましょうか……。