涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

都営浅草線蔵前駅近く 日高屋の桜エビ汁なしラーメン(笑)!

f:id:yokobentaro:20170601163121j:plain

お昼前後は浅草田原町の仕事場近辺を、歩数稼ぎのためにブラブラしておりますが、たまたま江戸通りを浅草橋方面へと歩いておりますと、蔵前近辺に中華食堂『日高屋』の店舗がいつの間にか開店しておりました。

f:id:yokobentaro:20170601163333j:plain

ガラスケースに納められた食品サンプルもピッカピカですので、まだ開店して一ヶ月も経っていないのでしょうね。あっ、ついついお酒に目がいってしまいますが、お昼は飲みませんよ(笑)。

f:id:yokobentaro:20170601163355j:plain

ふと店舗の入口を見ると、こんなポスターが……「期間限定 桜エビ汁なしラーメン 麺1.5玉 590円」だ、そうです。桜エビの汁なしラーメンって、いったいどんなメニューなのでしょうね。

f:id:yokobentaro:20170601163414j:plain

気になったので、ここはもう食べるしかないでしょう!!! さっそく店内に入り、着席してメニュー表を確認……『桜エビ汁なしラーメン』は単品で五百九十円ですが、『半チャーハン』をセットにしても七百九十円です。『半チャーハン』は単品二百五十円ですので、五十円だけお得になりますね。では、『桜エビ汁なしラーメン+半チャーハン』のセットにしましょうか(笑)。

f:id:yokobentaro:20170601163432j:plain

そして注文を入れてから、数分ほどで配膳されてきたのがコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20170601163447j:plain

『桜エビ汁なしラーメン』の麺は、『日高屋』にしてはちょっと太めに感じますね。素の(?)麺の上には、見た目にも美しい桜エビと刻み葱、チャーシューが二切れほど添えられております。

f:id:yokobentaro:20170601163506j:plain

で、いつもの『半チャーハン』(笑)。ご飯茶碗に軽く一膳分ぐらいの量があり、ご飯といっしょに炒められている具材は、細かく刻まれたチャーシュー・青葱・卵と、いたってシンプルです。

f:id:yokobentaro:20170601163522j:plain

別皿には麺のトッピング用の殻付きの温泉玉子、それとお醤油のスープが添えられております。やっぱりチャーハンに、このスープが付くと何気に嬉しいですよね!!!

f:id:yokobentaro:20170601163541j:plain

そのチャーハンには、テーブルコショウをタップリと振りかけましょう(笑)。ここのチャーハンはパラパラした仕上がりで、けっこう好みですね。店舗によって多少塩気の濃さが違うのか、ここの味付けはわりとしっかりしているように思えます。さらには、コショウのパンチが効くと旨さは倍増ですよ!!!

f:id:yokobentaro:20170601163555j:plain

麺の上には温泉玉子を割り入れましょう。あらっ……キレイにセンターに載せて写真を撮ろうと思ったのに、端のほうにズレてしまいましたね(大汗)。

f:id:yokobentaro:20170601163611j:plain

では、気を取り直していただきます……あれ? やっぱり素の麺ですね。そこで、全体をよくかき混ぜることにしました。すると、お醤油ダレが底のほうに溜まっておりました。イメージ的には混ぜそば、もしくは油そばのような形態ですね。そして、そのお味は、けっこう醤油の風味と塩気が立っていて、モッチリとした太めの麺によく搦みます。そこに桜エビの香ばしさと刻み葱の辛味が搦んできてとっても美味ですね(嬉)!!!

さらに、温泉玉子を混ぜ込めば、マイルドでコクのある優しい旨味と変貌いたします。麺の量は1.5倍と、そこそこ多めにも感じるかと思いますが、そんなことはありません。何せ、食べ出したらあっという間に丼は空になりますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170601163637j:plain

ちなみに、この店舗はちょい飲みのおつまみメニューも充実しておりますので、近いうちに独り飲みで訪れてみようかと思います……。