涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

埼玉県川越市 蓮馨寺境内のまことやという屋台で太麺やきそば!!!

とうとうゴールデンウィーク、終わっちゃいましたね(汗)。僕は暦通りのお休みでしたが、五月の一日と二日は、お仕事は開店休業のようなものでした(笑)。こんなことなら、どこか観光地に出かけてみれば良かったと思い直し……。

五月三日のお休みは友人を誘って、埼玉県川越市へと出かけてみることにしました。その友人、前からこの近辺に興味があったようですので。さっそく午前中から、『仙波東照宮』→『喜多院』→『川越城本丸御殿』の順路で観光しておりましたが、ちょっと写真を撮り過ぎて整理が追いつかないので、また纏まり次第、その様子はアップすることにいたします(泣)……。

f:id:yokobentaro:20170505161202j:plain

で、ここまで来たら、やっぱり小江戸の町並みにも立ち寄りたいですよね。でも、さすがにゴールデンウィークは観光客も一段と多いように思えます。

f:id:yokobentaro:20170505161216j:plain

もちろんお約束の「時の鐘」にも立ち寄りましたが、通りも細いものでかなりの混雑です。

f:id:yokobentaro:20170505161503j:plain

こうして見上げると、けっこう高い建造物なのですね(笑)!!!

今でも午前六時・正午・午後三時・午後六時の一日四回鐘が鳴らされるようですが、ここに到着した時点で午後四時を回っていたので、残念ながら聞けませんでした。

f:id:yokobentaro:20170505161518j:plain

さらには「埼玉りそな銀行」の建物のレトロなこと。大正時代に建てられたネオ・ルネッサンス様式の建築物で、登録有形文化財に指定されているとのことです。

f:id:yokobentaro:20170505161533j:plain

途中、「山崎美術館」という美術館を見かけましたが、蔵造りの美術館って珍しいですよね。鑑賞していきたいのも山々ですが、次回は時間を作ってぜひ立ち寄りたいと思います!!!

で、帰りには「中央通り(昭和の街)」を通過しますが、友人曰く「この近くに川越発祥の面白い焼きそばがあるみたいだよ!」とのことで、ちょっと立ち寄ってみることにしました。調べてみるとその焼きそばは、「蓮馨寺」というお寺の境内の屋台で売っているとのこと、さっそく行ってみましょう……。

f:id:yokobentaro:20170505161545j:plain

ここのお寺の本殿脇には「おびんづる様」という像が鎮座しており、その像の頭を触ってから自分の病んでいる部分を撫でると癒されるそうです。あっ、僕は頭があまり良くないので、頭を撫でておしまいでした(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170505161648j:plain

それはさておき、時間を気にしつつ、門の脇にある広場に行ってみますと、運良くまだ『まことや』という屋台が出ておりました。が、お目当ての『太麺やきそば』はラスト二パック、ギリギリ購入できました(冷汗)……。

f:id:yokobentaro:20170505161701j:plain

一パックのお値段は四百円。そのわりにはけっこうズッシリとしておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20170505161713j:plain

それでは、パックをご開帳(笑)!!! まずは甘辛そうなソースの良い香りが鼻孔をくすぐってきます。そして、ザックリと粗めな切りかたのキャベツと、挽肉がいっしょに焼かれておりますね。で、たしかに麺が太い(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170505161731j:plain

それでは、さっそくいただきましょう……おっ、なかなかの歯応えでちょっと硬めのモチッとした麺が僕好み、ソースもしっかりと搦んでいてとても美味です。味付けもちょうどよい濃さですので、白飯のおかずにもなりそうだし、何よりビールが欲しくなりますね!!!

でも、もうすぐテーブルとかは片付けられそうでしたので、川越駅に戻る途中で、腰を落ち着けて一杯飲むことにいたしました。またその顛末は、明日アップいたします(笑)!!!!!