涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 珍しく友人が誘いに乗ったので中国飯店 楽宴で三人飲み!!!

ここしばらく、どこかしらの飲食店にフラッと立ち寄っては、独りで飲んだくれているような週末を過ごしておりました。が、つい先週は横浜に引っ越した小学校時代の友人が、こちらまで飲みに出てくるとのこと……。

f:id:yokobentaro:20170412192521j:plain

そういえば、次回の地元仲間の宴会……幹事は僕でしたね(汗)! せっかくなので、候補に考えている駒形の『中国飯店 楽宴』のジャッジをしてもらいましょうか。さらに、もう一人近所の幼なじみにも声をかけたところ、遅れて参加するとの返事がもらえました(笑)。

f:id:yokobentaro:20170412192551j:plain

で、早くも午後五時半からお店に繰り出しました!!! まずは二人で『晩酌セット』をつまみながら『生ビール』でも飲みましょうか。このセットは、『生ビール』『各種サワー』『ソフトドリンク』『グラス紹興酒』から一杯を選び、次に二十四種の小皿料理のうちから三品を選んで……。これでワンセットとなります。

f:id:yokobentaro:20170412192608j:plain

まずは『生ビール』で乾杯しましょう!

そして、初めの小皿料理は……あっ、二人で注文したので計六品になります。

f:id:yokobentaro:20170412192623j:plain

『チャーシュー』に『きゅうりのニンニク和え』と……。

f:id:yokobentaro:20170412192635j:plain

『棒棒鶏』に『イカゲソ唐揚げ』……。

f:id:yokobentaro:20170412192649j:plain

『川エビの唐揚げ』に『豚の耳』でした。一人三品ずつの注文になりますが、これだけの量の料理だと、当然お酒一杯では余ってしまいますよね(汗)。

f:id:yokobentaro:20170412192706j:plain

そこで、二杯目のアルコール類は、単品で頼むことにしましょう。僕はいつもの『ウーロンハイ』二百八十円にしましたが、友人は『ジムビームハイボール』三百円に切り替えました。で、これを飲みきったあたりで『晩酌セット』の一巡目の料理をほぼ食べ終えたので……。

f:id:yokobentaro:20170412192723j:plain

さらに『晩酌セット』で『ウーロンハイ』を注文して……。

f:id:yokobentaro:20170412192737j:plain

僕は『手羽先の醤油煮込み』『砂肝和え物』『キュウリとサザエの和え物』の三品。

f:id:yokobentaro:20170412192749j:plain

友人は『冷やし完熟トマト』『揚げピーナッツ』『きゅうりのニンニク和え』……あれっ?『きゅうりのニンニク和え』はさっきも頼みましたね。彼はどうも、この料理をかなり気に入ったご様子です。たしかに、おろしニンニクと胡瓜ってすごく相性がいいように思えます。まぁ、好きなものを自由に何度も頼めるのが、こういったセットの良いところですね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170412192804j:plain

ここで、三人目の友人が遅れて登場!!! 彼の頼んだ『晩酌セット』は『レモンハイ』に、またまたダブりますが『イカゲソ唐揚げ』『川エビの唐揚げ』、それと『ピータン豆腐』を注文。これ以降は、飲み物は単品で頼み出しましたが、いったい何杯飲んだかは覚えておりません……。

f:id:yokobentaro:20170412192829j:plain

そろそろ、料理は単品の大皿で注文することに……『青椒肉絲』のお肉は柔からでコッテリした旨さ、赤と緑のピーマンの、甘くもほろ苦い味覚とのコラボでさらに美味ですね。それに、オイスターソースの味付けも絶妙で、ご飯が欲しくなります(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170412192842j:plain

いつも必ずといっていいほど注文する『黒酢酢豚』も頼みました。でも今回は、定食でなく一品料理ですのでパイナップル入り(笑)。僕はこれ、けっこう好きですよ。豚肉は脂身とお肉のバランスもよく、食感がしっかりしています。このお肉に、強いトロ味の黒酢餡がしっかり搦んでとても美味。野菜類もしっかりとした歯ごたえで、あっという間に売り切れでした……。

f:id:yokobentaro:20170412192908j:plain

そして、ラストに注文したお料理は『五目あんかけ固焼きそば』。麺は皿うどんのような感じの細い揚げ麺で、あんかけの具は、白菜・人参・青菜・筍などの野菜類にキノコ類、さらには豚肉・イカ・エビなどのたくさんの食材が使われています。こちらもオイスターソースの味付けがとても美味で、あんかけだけでもつまみになります(笑)。でも、さすがにもう三人ともお腹の容量が限界、気付けば入店してから四時間以上経過しておりました(大汗)!!!!!

かなり酔っ払いましたので、このへんでお勘定。合計で一万円もかかりませんでした(嬉)。では、ここでこの二人に宴会の会場候補として合格かのジャッジを……。

「美味くて飲み放題を付けても安いから、いいんじゃねぇ?」

とのことでした。八月の宴会は、ほぼこのお店で決まりですね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170412192928j:plain

『中国飯店 楽宴』へのアクセス、住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。案内状の地図はこれでいいや……。