涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR浅草橋駅東口近く らあめん花月嵐の熊本ラーメン美郷軒!!!

f:id:yokobentaro:20170405181014j:plain

本当に、都内の桜は今週に入ってからの暖かさで、一気に開花してしまいましたね!!!

f:id:yokobentaro:20170405181100j:plain

三月末に、たまたま通過した浅草橋付近の神社の桜はこんな感じでしたが……。

f:id:yokobentaro:20170405181114j:plain

四月五日現在では、気温が一気に高くなったせいか、ほぼ満開になっておりました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170405181607j:plain

そんな少々蒸し暑くも感じる中、再び浅草橋方面へと昼食を食べに出かけましたが、気温も気温なので熱々のラーメンは避けようと思っていた矢先、このようなのぼり旗を見かけてしまいました(汗)。

「熊本ラーメン美郷軒 期間限定」だ、そうです……。

f:id:yokobentaro:20170405181622j:plain

そういえば、九州のラーメンといえば博多ラーメンしか食べたことがないので、これはすごく興味が湧きますね。せっかくなので、こののぼり旗の広告主の『らあめん花月嵐』へと立ち寄ってみますか。住所は台東区柳橋二丁目十四番地四号、JR浅草橋駅東口からですと、浅草国際通りを蔵前方面へ数分進んだあたりに位置します。

f:id:yokobentaro:20170405181638j:plain

さらに店舗前にも大きく告知がされておりました。「香ばしいニンニク油と豚骨の白濁スープによるパンチの効いた一杯!!」というキャッチコピーが書かれていますね。スープは、博多ラーメンと共通して豚骨ベースのようです。えっと……お値段は七百五十円ですね。

f:id:yokobentaro:20170405181652j:plain

では、入店して券売機で食券を購入、写真入りのボタンがたくさん並んでいて『熊本ラーメン美郷軒』をなかなか見つけられませんでした。さらに、これだけラーメンの種類があると、いろいろ目移りしますよね(笑)。

f:id:yokobentaro:20170405181707j:plain

さっそく食券を渡し、カウンターに腰かけます。いろいろな調味料が並ぶ中……。

f:id:yokobentaro:20170405181739j:plain

いつものように卓上の『激辛壺ニラ』の残量を確認、そこそこ入っていましたので、タップリとトッピングすることにしましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170405181757j:plain

そして、待つこと十五分ほどでコチラが運ばれてまいりました!

f:id:yokobentaro:20170405181815j:plain

スープはたしかに白濁しておりますが、博多ラーメンよりも少し黄色がかった色味のようにも思えます。トッピングは分葱にキクラゲ、チャーシューが二枚に焼き海苔が一枚添えられております。ではこの隅に……。

f:id:yokobentaro:20170405181830j:plain

『激辛壺ニラ』を、さっそく大量投入! 本当にこれはトッピングには欠かせない、クセになる辛さですよ。蓋を開けると沸き上がる、ニラの香味もたまりませんね!!!

f:id:yokobentaro:20170405181855j:plain

麺は低加水の中細のストレート麺が使用されているとのことですが、見た感じは何となくツルッとした印象ですね。さっそくひと口頬張ってみると、ほどよい柔らかさの食感で、とても歯切れのよい麺です。細いぶん、スープの搦みもよくて箸が止まらなくなります。そのスープは、豚骨のエキスが充分に煮出されコクがあります。思ったより甘味を感じる味付けで、すごく僕の好みに合う豚骨スープですね(嬉)。ニンニク油の旨味も活きていて、柔らかい麺とキクラゲのコリコリした食感のコラボも良い感じ。これに分葱の香味と壺ニラの辛味が加わると、スープの美味さも倍増、熱々だったにもかかわらず十分とかからず完食いたしました!!!

チェーン店のこうしたコラボメニューも、たまに食べてみると面白いものですね……。