涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

千代田区三崎町 しゃぶ蕎麦 小次郎のもり蕎麦天丼セット!!!

先週も水道橋まで打ち合わせで出かけていたのですが、用事が済んだあと久々に担当のフネさんと昼食を摂ることになり、いつものようにJR水道橋駅西口から神保町方面へとブラブラ……。

f:id:yokobentaro:20170328162626j:plain

f:id:yokobentaro:20170328162642j:plain

すると、水道橋駅から五分ほど歩いた辺りに、新しくお蕎麦屋さんが開店しておりました。屋号は『しゃぶ蕎麦 小次郎』、千代田区三崎町二丁目四番地五号になります。

f:id:yokobentaro:20170328162657j:plain

挽きたて・打ちたて・茹でたての「三たて蕎麦」だそうです。ガラス窓の内側に、石臼があるのにちょっとビックリ、さっそく蕎麦好きのフネさんが激しく反応しておりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170328162718j:plain

店頭の立て看板を見ると、ランチメニューの告知がされていますね。お値段は七百八十円(税別)ということは、税込で八百四十二円という計算ですが……。

そのセット内容は、

●蕎麦orうどん(かけ/もり/ぶっかけ)・丼物・美盛豆腐。

さらには、

●蕎麦・うどん大盛り無料/美盛豆腐おかわり自由。

●丼物は、とろ鯖ご飯・天丼・餡かけ親子丼・豚カレー丼の四種から一つ選べます。

と、かなり充実した内容ですので、これはなかなかリーズナブルかも!!!

さっそく入店してみると、店内は落ち着いた雰囲気でとても居心地が良いですね。ではさっそく注文、まずはお蕎麦の「もり」で大盛りを選択、丼物は「天丼」にしてみましょうか……。

f:id:yokobentaro:20170328162738j:plain

で、おかわり自由の「美盛豆腐」はセルフサービスとのことで、さっそく盛ってきました。これがプルプルの杏仁豆腐のようで、とても柔らかくて口溶けの良いお豆腐、生姜と分葱のアクセントもいい仕事をしています(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170328162751j:plain

そして、十分ほどの待ち時間で供されたお膳がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20170328162806j:plain

まず「もり蕎麦大盛り」の麺は、細麺で美しい色合い、艶々していてとても美味しそうです!!!

f:id:yokobentaro:20170328162820j:plain

次に「天丼」に使われている揚げ油は向日葵油とのことで、衣の色も白っぽくてキレイですね(嬉)。ご飯の上には海老天・イカ天・カボチャ天・ナス天・ピーマン天の五種が載っておりました。

では、さっそくいただいてみましょう……丼つゆは少し甘めで、これだけでもご飯が進みますね(笑)。海老はプリプリした食感で、イカはすごく柔らかで美味。さらにはカボチャの甘さにも舌鼓、ナスとピーマンの瑞々しい旨味もたまりません。気付けば、ものの数分ほどで食べきってしまいました(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170328162835j:plain

次にお蕎麦を啜ってみましょう。まずは麺つゆに、薬味の刻み葱とワサビをすべて投入。こちらに麺をドップリと浸していただきます……うーん、少し甘味を感じる麺つゆに、喉ごしのよい細切りの蕎麦の相性はピッタリですね。コシのある麺は、蕎麦の風味もしっかりとしていてモッチリ食感。ただ、麺は細いので、ゆっくりと食べていると蕎麦同士がくっついてしまうので要注意ですよ(笑)!!!

ということで、こちらもほんの十分足らずで完食……あっ、フネさんも同じぐらいのペースで食べ終わっていますね。それでは、お勘定を済ませて外に出ましょうか。すると、店員さんが「パンッ!」と一回手を叩いてお見送り、何か縁起の良いおまじないのようですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20170328162856j:plain

ここでフネさんと別れて浅草方面への帰途に着きましたが、本日は秋葉原経由で戻りましょうか。途中、このような大きなポスターを見かけましたが、「ラブライブ!」の人気は相変わらず凄いです。ね、キュウさん(嬉)!!!!!