涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

墨田区錦糸 タイランドショップのタイ料理で昼間飲み(笑)!!!

ここしばらく盲腸を拗らせて入院していた中学時代の友人が、やっと完治して退院したとの連絡が入ってきたので、先週の土曜日はその友人の快気祝いをしておりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170314132506j:plain

とりあえず、午後二時にJR錦糸町駅で待ち合わせ。この近くに、友人がどうしても入りたいお店があるとのこと、まずはそのお店を目指します。えっと、『タイランドショップ』……「ショップ」って食材屋さんじゃないのですか?

このお店の住所は、墨田区錦糸三丁目七番地五号。四ツ目通りから、細い路地をちょっと入った場所ですが、通りから『錦糸公園』が見えますので、その近辺を目印にすると見つかりやすいかと思います。

f:id:yokobentaro:20170314132522j:plain

扉の上には「タイ国輸入食材販売」と書かれていましたが、扉脇にはお食事メニューが貼られていたのでひと安心、さっそく店内に入ってみましょう。

f:id:yokobentaro:20170314132545j:plain

で、店内に入って納得したのですが、食事用のテーブルの奥には、いろいろなタイの食材が積まれた冷蔵のガラスケースがありました。さらにその脇には、すごい種類の缶詰や缶ジュースの並べられた棚もあります。では、まずは乾杯のビールということで、『シンハービール』の大瓶七百円(以下税抜)を注文しましょう。

f:id:yokobentaro:20170314132602j:plain

これに合わせたおつまみは、『ネーム』六百五十円という少し酸味のある生ハムソーセージ。プルッとした食感の脂身が入っていて僕好み、添えられたパクチーや分葱と合わせると香味が足されてとっても美味しいですよ。柔らかいので、ピーナッツの食感と合わせても楽しい一品、ただ、ところどころに赤唐辛子が入っていて「当たり」を引くと、かなり辛いです(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170314132616j:plain

さらには『ムーヤーン』六百五十円という豚肉の串焼きも注文しました。この豚串はちょっと甘めのタレに漬け込まれていて、すでに味が付いておりますが、添えられた辛塩っぱいタレに浸けて食べると、また味覚が変わって面白いですね!!!

f:id:yokobentaro:20170314132629j:plain

うーん、さすがに久々のビールは美味い!!! もう一本同じものを頼みましょう(笑)。

f:id:yokobentaro:20170314132643j:plain

でも、あまり空腹で飲むのもいけないので、『カオパット』六百円というタイ式チャーハンも追加しました。こちらはまったく辛くなく、お米がパラッパラのふだんから食べ慣れた美味しいチャーハンといった印象です。

f:id:yokobentaro:20170314132659j:plain

お好みで唐辛子入りのナンプラーをかけると、一気にエスニック感が味わえるテイストに変身するのも面白いひと皿ですね!!!

f:id:yokobentaro:20170314132715j:plain

最後に、僕の大好物の『パッタイ』六百五十円を注文しました。米麺を使用したタイの焼きそばなのですが、干しえびの旨味と独特の甘い味付けがたまりません。生のもやしもトッピングされているのは初めてかも……。

f:id:yokobentaro:20170314132729j:plain

こちらのお料理には、四種類の調味料が付きますが、左は細かく粉砕された赤唐辛子。中間の二つは甘味調味料のようですね。そして右側は輪切りの赤唐辛子をお酢で漬け込んだ感じの調味料、使い過ぎるとそうとう辛くなりますよ(大汗)!!!

これらをすべて平らげてお勘定を〆ましたが、お値段は合計四千二百六十六円と、タイ料理としては比較的リーズナブルかと思いました。たまには陽の高いうちから飲むのもいいものですね(嬉)!!!

あっ、まだまだハシゴは続きますが、次に入ったお店は墨田区横川にある地ビールのお店でした。ちょっと長くなりましたので、そのお話は明日あらためて……。