読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

吉池の海の幸五点弁当のイクラと、なか卯の天然いくら丼のイクラ!

その他グルメ

ふだんからイクラには目がない僕だったのですが、今年に入って最後にイクラを口にしたのは……。

f:id:yokobentaro:20170306181004j:plain

一月二十九日に、JR御徒町駅前の『吉池』で買った『海の幸五点』弁当に載っていたイクラを食べたっきりでした。あの、プチプチと弾けるマッタリとした魚卵の旨味と塩気、たまりませんよね(笑)。

f:id:yokobentaro:20170306181016j:plain

このお弁当は税込で六百三十円、ご飯の上にはほぐした蟹・鮭・イクラが三色に盛り付けてあり、その脇には卵焼き・甘辛い鰊の切り身・味付けホタテが添えられております。

f:id:yokobentaro:20170306181028j:plain

あっ、もちろんホタテの貝柱はミーさんのおやつと化してしまいます(汗)。その他は、禁酒の誓いを破り、日本酒に合わせておつまみとして美味しくいただきましたが、このお弁当のイクラは塩漬けでなかなか塩っぱめ、甘めの醤油漬けとはまた違った美味しさがありますよ(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170306181042j:plain

で、気付けばもう三月。つい先日、蔵前橋通り沿いの『なか卯』の前を通りかかったときに……。

f:id:yokobentaro:20170306181058j:plain

店頭のメニュー表にデカデカと掲げられた写真を眺めていたら、ムクムクと禁断症状が頭をもたげてきました。本能に逆らわず、本日は『天然いくら丼』の並、七百九十円を食べることにしましょう(笑)。

f:id:yokobentaro:20170306181121j:plain

とりあえず店内の券売機で食券を購入、さっそく店員さんに食券を渡したところ、待つこと三分ほどで『天然いくら丼』が配膳されてきました!

禁断症状で手が震えて、写真がピンボケになっていますね(泣)……。

f:id:yokobentaro:20170306181134j:plain

丼の中心には、そこそこの量のイクラが盛り付けられ、その周りには錦糸卵が散らされています。さらには刻み葱もたっぷり目、これに別添えの刻み海苔と練りワサビを添えて、いただきます……おっ、こちらは醤油漬けのイクラですね。ほどよいお醤油の塩っぱさに加え、みりんの甘味も感じます。イクラの皮は柔らかめで、プチプチと弾ける食感もたまりません。やっぱり、塩気はある程度効いていたほうがご飯に合いますね。対して錦糸卵はほんのり甘め、イクラといっしょに食べ進むとまた違うマッタリとした美味しさが楽しめます。

これをつまみに日本酒が欲しいところ。お値段もお手頃なので、テイクアウトで買ってきて、これをつまみに家飲みという手もありますね(笑)。うーん、イクラは「塩漬け」か「醤油漬け」か好みが分かれるところですが、僕はちなみにどちらも好きなので決めまねます……。