読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

墨田区石原 旨麺 こむぎやのとんこつ味噌らーめん!!!

ラーメン

最近は週に一度、土曜日の晩にお酒を嗜んでおりますが、日曜日の朝は何気にお酒が残ってしまい二日酔い……そんな日のお昼は、塩気の多い汁ものを身体が欲してしまいます。

f:id:yokobentaro:20170213160549j:plain

そこで、日課のウォーキングは錦糸町方面に、ちょっと試したいラーメンがありますので出かけてみましょう。まずは蔵前橋を渡り、そのまま直進……。清澄通りを越えたあたりで目的のお店に到着。そのお店の屋号は『旨麺 こむぎや』、住所は墨田区石原一丁目二十三番地五号になります。実はこのお店では、あっさり系の『支那そば』や『中華そば』は食べてみたものの、とんこつ味のラーメンはまだ食べたことがありませんでした。

f:id:yokobentaro:20170213160602j:plain

外は寒いのでさっそく店内に入り、入口を入ってすぐ右側の券売機を物色……たくさんのメニューボタンがありますので、けっこう迷います。えっと、とんこつベースのラーメンは『とんこつ正油らーめん』もありますが、今回は『とんこつ味噌らーめん』八百五十円のボタンを押しますか。

f:id:yokobentaro:20170213160616j:plain

で、さっそくカウンター席に座り、食券を女将さんに手渡します。卓上には調味料とともに、アルコール類のメニューもありますね。うーん、お酒は今日はいらない(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170213160631j:plain

では、麺類注文をした際に食べ放題になる『もやしキムチ』を小皿によそい、これをつまみながら待つことにしましょう。

f:id:yokobentaro:20170213160710j:plain

すると、五分と待たずにコチラが配膳されてきました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170213160725j:plain

トッピングは丸く成形された叉焼にもやし、メンマと半熟玉子が半身に刻み葱ですね。合わせ味噌のような色味のスープが濃厚そう……さっそくひと口啜ってみると、しっかりした味噌の風味が口の中いっぱいに広がります。塩気とともに味噌の甘味も感じられ、これぞ味噌ラーメンという美味さですね。挽肉や背脂も使われているのでしょうか、とても味にコクがあります。これが中太のモッチリとしたちぢれ麺に搦むと、箸が止まらなくなりますね。国産豚で作られている叉焼の歯ごたえも抜群。脂身は少なく、噛めば噛むほど肉本来のうま味が出てきますよ。ほどよい半熟の玉子のマッタリ感も、このスープとの相性はピッタリ。二日酔いということも忘れて、十分足らずで完食……と同時に、初めは味噌の風味に押され気味だった「とんこつ」が旨味の余韻を醸し出し、とても満足感のある一杯でした。

f:id:yokobentaro:20170213160742j:plain

それでは、恒例の休日のウォーキングに出かけましょうか。蔵前橋通りを直進して、三つ目通りを左折してみることにしましたが、ちょうど浅草通りと交差するあたりで、ブロ友のクマシさんが食べたという、青いスープのラーメン店の立て看板を発見!!!

kumasi.hatenablog.com

『吉法師』というお店なのですが、店の前に行ってみると行列……ここは平日のお昼時間を少し外して来店するのが得策かもしれませんね(笑)。

f:id:yokobentaro:20170213160806j:plain

さらに三つ目通りを直進して『隅田公園』に寄ってみることにしましたら、もう白梅がこんなにいっぱい咲き誇っておりました。

f:id:yokobentaro:20170213160821j:plain

紅梅もご覧の通りの美しさ、いい目の保養になります(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170213160836j:plain

池の浅瀬には、ゆりかもめとカモがたくさん集まりひなたぼっこ。もう春も、すぐ近くまでやってきているという実感が、湧いてきますよね……。