読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区蔵前 博多ラーメン 長浜やが、まさかの閉店(汗)……

昨日のお話の流れで恐縮です。前日は駒形近辺にある『中国飯店 楽宴』で『エビチャーハン』を堪能しておりましたが、その翌日もチャーハンが食べ足りなく、浅草橋にコピー用紙を仕入れに行くついでに、何処かしらで昼食がてら食べることにしました。

f:id:yokobentaro:20170210180745j:plain

とりあえず浅草方面から、江戸通り沿いを浅草橋方面へとブラブラ……都営浅草線の蔵前駅あたりに差しかかったところで、『博多ラーメン 長浜や』というお店があったことを思い出しました。ここには、たしかお得な『チャーハンセット』があったはずです。

f:id:yokobentaro:20170210180848j:plain

入口扉にはPOPが貼ってありますね。このお店では『チャーハンセット』が七百円とリーズナブル。『博多ラーメン』と『チャーハン』のセットで、『チャーハン』は一人前ぐらいの量があったと記憶しています。『博多ラーメン』はわりと普通で、特筆すべき点は思いつきませんが、ここの『チャーハン』はけっこう好みです。

f:id:yokobentaro:20170210180905j:plain

さっそく店内に入って、左側の券売機で食券を購入……ボタンが多過ぎて、『チャーハンセット』のボタンを見つけるのに少々難儀いたします(汗)。えっと、左側の上から四番目……と。

f:id:yokobentaro:20170210180922j:plain

購入した食券を店員さんに手渡す際に、麺の硬さを「ふつう」と注文し、カウンター席で待つこと三分ほどでコチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20170210180940j:plain

『博多ラーメン』のトッピングは青葱に叉焼、焼き海苔が一枚添えられ、白ごまが振られていますね。サラリとした豚骨スープは独特の臭みはなく、クセがないぶんアッサリとしすぎている気もします。でも、飲んだ帰りにはちょうどよいサッパリした味ですので、けっこう重宝しております。

f:id:yokobentaro:20170210181010j:plain

カウンター上には、「からし高菜」「紅生姜」「白ごま」「テーブルコショウ」「おろしにんにく」など調味料が並べられていますので、その中から「からし高菜」「紅生姜」に「おろしにんにく」を多めに盛り付けましょう。すると、にんにくの風味と辛味成分がスープに溶け出して、さらには生姜と高菜の旨味も加わり、格段に美味さがアップします(嬉)!!!

細麺はやっぱり普通の茹で加減が好み、それでも少し硬めに仕上がっているので、歯触りがとても心地よく感じます。このにんにくの効いたスープが麺に搦み、あっという間に麺は食べきってしまいます。叉焼もほどよい硬さで、噛めば噛むほど肉の旨味が堪能できますね。

f:id:yokobentaro:20170210181134j:plain

そして、お待ちかねの『チャーハン』をいただきましょう。具は青葱に玉子、叉焼と至ってシンプルですが、ご飯は少し硬めでパラパラに仕上がっております。塩分もちょうどよい匙加減で、とても美味しいですよ。ラーメンスープを啜りながら食べると、さらに美味さが増します。気付けば十分とかからずすべて完食、また浅草橋で飲んだ帰りにでも寄りましょう……。

f:id:yokobentaro:20170210181216j:plain

などと、思いつつ店をあとにしましたが、入口扉に何やら不吉な貼紙が(汗)。何とこれは閉店の貼紙、「諸般の事情により2017年2月10日をもちまして、閉店することとなりました」との文章が見てとれますね……。

うーん、ここのチャーハンはけっこう気に入っていたので、寂しい限りです。また美味いチャーハンの食べられるお店を、早急に新規開拓しなければ(大汗)!!!!!