読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴 チャーハン食べたい病が頭をもたげ……

中華料理

先週は、二日連チャンでチャーハンを食べてしまいました(汗)!!!……「レンチャンチャーハン」って、何となく語呂がいいかも(笑)。それはさておき、ある種類の食べものが一度食べたくなると、立て続けに同じものが食べたくなりませんか?

f:id:yokobentaro:20170210162854j:plain

僕の場合はチャーハンやカレーをついつい連続して、多いときは数日間食べ続けてしまいます。で、ここ半月ほどチャーハンを食べていなかったせいか、無性に食べたくなってしまい、出かけた先は例によって駒形近辺にある『中国飯店 楽宴』。

f:id:yokobentaro:20170210162925j:plain

いちおうは、玄関脇に設置されたメニュー看板をチェックはするものの、やっぱり久々に色の黒い『豚角煮チャーハン』六百八十円に目がいってしまいます。それでは、さっそくお店に入り……。

f:id:yokobentaro:20170210162945j:plain

開口一番『豚角煮チャーハン』を注文、ほんの五分ほどでコチラが配膳されました。

f:id:yokobentaro:20170210162957j:plain

セットには、もちろん杏仁豆腐・中華スープと搾菜も付いてきます。

f:id:yokobentaro:20170210163012j:plain

それでは、念願のチャーハンを堪能……相変わらず、中国醤油の濃い色味がたまりませんね。味も比較的濃いめですが、塩気の他に豚角煮の甘みと濃厚な旨味がしっかりとご飯に搦んでいます。その豚角煮の刻んだものもタップリ入っていて、マッタリとした柔らかい脂身と肉の繊維質の食感がたまりません。シャキシャキとした青菜の食感と、青葱の香味もとてもよいアクセントになっています。けっこう量があるようですが、食べ出すと止まらなくなり、ものの数分で完食できてしまいます。

f:id:yokobentaro:20170210163037j:plain

で、すぐに店をあとにし、再び表のメニュー看板をチェックしたところ、週替わりメニューに『エビチャーハン』六百八十円もあったことに、今さら気付きました。では、コチラは明日のお楽しみにとっておきましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170210163059j:plain

……と、いうことで翌日もチャーハン目当てで再度『中国飯店 楽宴』に来てしまいました。もちろん注文したのは週替わりの『エビチャーハン』、こちらもほんの五分の待ち時間で配膳されてきました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170210163126j:plain

あっ、セットは当然昨日と同じですが、この中華スープはとても優しい感じの味付けで、毎日いただきたくなる美味しさですよ。

f:id:yokobentaro:20170210163151j:plain

黄色い色味の炒飯には、大きめのエビが数個ゴロゴロ入っていますね。具は他に、卵とレタスに刻んだ葱も見てとれます。では、さっそくこの『エビチャーハン』をいただきましょう……うーん、ご飯はパラパラに仕上がっていて卵は柔らか、ほどよい塩加減でとても美味です。レタスはいちおう火が通っているものの、シャキシャキ感もほどよく残っています。大ぶりなエビはプリプリしていて、こちらもほのかな塩気と旨味がたまりませんよ。気付けば『豚角煮チャーハン』同様、ほんの五分ほどで食べきっておりました(大汗)!!!

とりあえず、ここ二日間は『中国飯店 楽宴』のチャーハンメニューを堪能いたしましたが、明日は別のお店のチャーハンも物色してみましょうかね……。

 

f:id:yokobentaro:20170210163206j:plain

とりあえず、いつものようにこのお店のアクセスを貼っておきますね。住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です!