読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴の週替わり、鶏肉とカシューナッツ炒め!!!

中華料理

今週の月曜日から水曜日にかけては、かなり仕事が切羽詰まってしまい、お昼抜きを余儀なくされておりました。そこで、とりあえず忙しさが小康状態になった木曜日、ガッツリ食事を摂ろうと、ここ浅草田原町にある仕事場の近所をブラブラ……。

f:id:yokobentaro:20170127132039j:plain

久しぶりに駒形のバンダイ本社の近くにある『中国飯店 楽宴』に行ってみましょうか。

f:id:yokobentaro:20170127132245j:plain

さっそく入口脇にあるメニュー看板をチェック、週替わりのAの定食は『鶏肉とカシューナッツ炒め』でお値段は六百八十円ですね。Bの『五目チャーハン』も美味しいのですが、日曜日にチャーハンを食べたばかりですので、本日は『鶏肉とカシューナッツ炒め』に決めましょう。こちらも中華屋さんに飲みに行くと必ずといっていいほど注文する、大好きな料理のひとつです。

時間は午後二時でしたが、店内にはけっこうお客さんがお食事をしておりました。とりあえず空いている席に座り、顔見知りの店員さんに『鶏肉とカシューナッツ炒め』を注文します。

f:id:yokobentaro:20170127132120j:plain

すると、数分ほどでコチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20170127132405j:plain

定食にはワカメと玉子の中華スープ・搾菜・白飯、デザートには杏仁豆腐が付いております。

f:id:yokobentaro:20170127132625j:plain

……で、ここのお店はご飯の盛りが相変わらず良いですね(笑)。これだけ食べればパワーの回復間違いないと思いますが、さらにいつもの習慣でお替りしてしまいそうです(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170127132640j:plain

そしてこの『鶏肉とカシューナッツ炒め』、材料は鶏肉とカシューナッツだけかと思ったら、筍・人参・玉葱・ピーマンもふんだんに使われていますね。ここしばらく野菜が不足気味だったので、これは非常に有り難く思います(嬉)。では、さっそくいただきましょう……オイスターソースと中国醤油の少し濃いめの味付けが、具材全体によく搦んでおります。筍と人参の食感もシャキッとしていて良い感じ、鶏肉の柔らかな食感と旨味もご飯にピッタリです。さらにはカシューナッツの香ばしさも加わりとても美味、ふだんはお酒のおつまみ程度でしか食べませんが、鶏肉などといっしょに調理すると、何でこんなに美味しさが増すのでしょうか。そんなことを考えて食べ進み、ふと気付くと、すでにご飯はなくなっておりました(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170127132945j:plain

……そこそこお腹もいっぱいにはなってきたものの、やっぱりお替りをしてしまいました(笑)。メイン料理も半分ほど残しておきましたので、お替りのご飯とおかずはほぼ同時に食べ終え、優しい味付けの中華スープを飲み干しました。そして〆の杏仁豆腐をいただいた頃には完全にパワー復活、これでまたしばらくは昼飯抜きでも耐えられるような気がしてきました(笑)!!!!!

f:id:yokobentaro:20170127133657j:plain

……とりあえず、いつものようにこのお店のアクセスも貼っておきますね。住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。