涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR浅草橋駅西口高架下 日乃屋カレー浅草橋店の名物カツカレー!!!

最近あちこちで見かけるようになりました『日乃屋カレー』。こちらはかの有名な「神田カレーグランプリ」で優勝経験のあるお店だったのですね。

f:id:yokobentaro:20170114182952j:plain

そんな『日乃屋カレー』の店舗が、JR浅草橋駅西口を出てすぐの場所に、いつの間にかオープンしているのを、つい先日見かけました。

f:id:yokobentaro:20170114183058j:plain

そのときはすでに神田神保町で『ミニ天丼セット』を食べた直後でしたので素通りしましたが、その翌日ちょうど良いタイミングで印刷入校用のCD-Rが底をついたので、浅草橋の大型事務用品店の「シモジマ」に、買い出しがてら寄ってみることにしました。

f:id:yokobentaro:20170114183307j:plain

住所は台東区浅草橋一丁目十五番地十一号。立て看板が歩道に出ていましたのでメニューを確認、トッピングがとても充実しておりますね。それに、何とライスの大盛りは無料のようです(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170114183321j:plain

それでは、入口右側にある券売機で、さらにメニューを物色……。

f:id:yokobentaro:20170114183340j:plain

ここで気になったのが『名物カツカレー』八百四十円。「名物」と名前に付くぐらいですから、きっと美味しいに違いありません(笑)。さっそくボタンをポチっと……。

f:id:yokobentaro:20170114183437j:plain

では、食券を手に取り店内へと入ってみましょう。テーブルはL字型のカウンター形式で、計十二人ほど座れます。食券を手渡す際に「大盛りにしますか?」と、店員さんに訊かれますので、すかさず大盛り申請……。そして空き席に腰かけて、カウンター上をチェック。薬味入れの壺が二つ並んでおりますが、茶色の壺には福神漬け、黒っぽい壺にはらっきょうが入っておりました!!!

f:id:yokobentaro:20170114183532j:plain

……などと物色しているところ、ほんの三分ほどでコチラが配膳されてきました!!!

カツがカレーで覆い尽くされているのでわかりづらいのですが、カツは縦に一本、横に三本の切れ目が入れられており、スプーンで簡単にすくえる大きさにカットされております。カレールーはパッと見、トロ味があって黄色っぽい昭和のカレーのようなイメージですね!!!

f:id:yokobentaro:20170114183651j:plain

さっそく、福神漬けとらっきょうをタップリ目に添えていただきましょう……おっ、何となく昭和っぽいカレーを想像していたのですが、ずいぶんと深みがあって甘い味付けのカレーですね。充分に煮込まれたみじん切りの玉葱や牛肉、それに肉の脂身がこのコクを出しているのでしょうか。それに、トンカツの衣にたくさんのカレールーがかかっているにもかかわらずサックリとした食感、豚肉もしっかり噛み応えがあってとても美味ですね。味付けも濃い目で、これは大盛りご飯にして大正解でした!!!

ただ、甘いと思って食べ進んでいくと、あとからスパイスもジワリジワリと効いてきます。それでも、ほどよい辛さですので、辛いのが苦手な方でもおいしくいただけると思いますよ(笑)!!!

……で、気付けば数分ほどでお皿は空っぽ、大盛りにしてもまだ食べ足りなく感じてしまう美味しさですね。この『日乃屋カレー』のメニューでもうひとつ、どうしても試してみたいトッピングがありますので、明日も続けて食べに出かけてしてみましょう!!!!!