読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

晩の食生活シリーズ 鶏肉を醤油で焼いたので焼き鳥丼に……

f:id:yokobentaro:20161225131248j:plain

ふと、ウォーキング帰りに実家に立ち寄ってみると、何やら猫のミーさんがテレビの画面を夢中で観入っておりました。鳥などの動物が出ている番組が大好きで、番組が放送されている間は、テレビの前から離れようとしませんね(汗)……。

f:id:yokobentaro:20161225131310j:plain

さてと……僕はそろそろ晩ご飯をいただくとしましょうか。で、この日は鶏もも肉のブツ切りと長葱を醤油で焼いたものに、とろろ昆布のお吸い物、それに丼飯……。

f:id:yokobentaro:20161225131340j:plain

うーん、ちょっと野菜類が少ないので、せめてほうれん草を茹でて、鰹節をトッピングしたものも付けましょうか(笑)。

f:id:yokobentaro:20161225131409j:plain

鶏肉料理は、このままお酒のつまみに……あっ、しまった! 翌日は朝早いので禁酒でした(汗)。

f:id:yokobentaro:20161225131422j:plain

そこで、焼き鳥丼にしてみようかと考え、丼飯の上に盛り付けてみました。うん、パッと見はそこそこ美味しそうに見えますよね。では、さっそく食べてみましょう……鶏肉はけっこう脂がのっていてジューシーですので、醤油の味付けだけでも充分に美味しくいただけますね。斜め切りの葱もしっかり火が通っていて甘味があります。ただ、ご飯と合わせると、かなり味が薄く感じますが、素材の味が堪能できてこれはアリかと思います(汗)……。

f:id:yokobentaro:20161225131440j:plain

……そういえば、気がつけばミーさんがテレビの前から姿を消しています。すると、食事をしている僕の背後でゴロゴロしていました。

f:id:yokobentaro:20161225131500j:plain

さんざんテレビの画面を叩いて疲れたのか、早くも微睡んでいますね(笑)。

f:id:yokobentaro:20161225131522j:plain

その翌日は、前日の食事が薄味だったせいか、無性に味の濃い食事が食べたくなって、お昼に『中国飯店 楽宴』へと直行いたしました。住所は台東区駒形一丁目六番地二号。バンダイ本社のすぐ近く、赤い大きな看板が目印です。

f:id:yokobentaro:20161225131539j:plain

うーん、メニュー看板を見ると、どれも濃いめの味付けで美味しそう!!!

『油淋鶏』は少し前に食べましたので、本日は『黒酢豚』六百八十円にしましょう。

f:id:yokobentaro:20161225131553j:plain

さっそく店内に入り、注文から約五分ほどで配膳されたのがコチラの『黒酢豚』です。この定食のセットには、ワカメと玉子の中華スープ・搾菜・お替わり自由の白飯、デザートには杏仁豆腐も付いています。

f:id:yokobentaro:20161225131615j:plain

うーん、この一瞬噎せ返るような黒酢の香りがたまりませんね。この全体の照りが食欲をそそります。とっても具だくさんで揚げ豚肉がゴロゴロ、人参・玉葱・ピーマン・筍も負けず劣らず多めに使われております。

それは、まず豚肉から……この濃いめの味付けがたまりません。脂身とお肉のバランスもよく、衣の食感はサクッとしていますね。このお肉に、適度なトロ味の黒酢餡がしっかり搦んでとても美味。この甘酸っぱい味付けの黒酢餡って、何となく後味が黒蜜に似ていますね。野菜類もしっかりとした歯ごたえ、人参の甘さに玉葱の辛味とピーマンのほろ苦さ、特に筍のサックリとした食感がたまりません。

f:id:yokobentaro:20161225131947j:plain

これではご飯が一気に進んでしまいます。結局、ご飯は五分もかからずに食べきり、お替わりを貰いました(笑)。

f:id:yokobentaro:20161225132007j:plain

結局、すべてを十分ほどで完食。デザートの杏仁豆腐をいただく頃にはお腹も大満足。やっぱり濃い味付けのおかずは最高ですが、ご飯が進み過ぎるのも考えものですかね……。