涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴で久々に油淋鶏定食を食べました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20161216195848j:plain

少し前に、バンダイの本社の前を通ったときは日が暮れてのことでしたが、昼間はこんな感じです。

f:id:yokobentaro:20161216195919j:plain

アンパンマンとかも、暗い中で見るのとでは表情も違って見えますね……。

f:id:yokobentaro:20161216195943j:plain

f:id:yokobentaro:20161216195958j:plain

ウルトラマンも、全然不気味には見えませんし、仮面ライダーもまさにヒーローの勇姿(笑)。

f:id:yokobentaro:20161216200019j:plain

それはさておき、クリスマスも近づいてくると、何げに鶏肉料理が恋しくなってきますよね。そこで、お昼にどしても油淋鶏が食べたくて仕方がなくなり、この少し先に位置する『中国飯店 楽宴』へと昼食を摂りに立ち寄ることにしました。この、仮面ライダーの像を背に、左側へ十数秒ほど歩いたあたりに位置します。

f:id:yokobentaro:20161216200034j:plain

いつものようにこのお店のアクセスも貼っておきますね。住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。

f:id:yokobentaro:20161216200054j:plain

では、いちおうメニューも確認。ナンバー6の『油淋鶏』定食、お値段は六百八十円でライスはお替り自由です。外は寒いので、早々に店内に入りましょうか(汗)。

f:id:yokobentaro:20161216200203j:plain

さっそく席に着いて『油淋鶏』定食を注文、待つこと五分ほどで配膳されてきました。セットにはワカメと玉子の中華スープ・搾菜・白飯、デザートには杏仁豆腐が付いております。

f:id:yokobentaro:20161216201046j:plain

うーん、久々に見ると盛りが圧巻ですね。キツネ色をした油淋鶏が目一杯! ボリュームはこの近辺の中華屋さんの中ではダントツ、甘辛酸っぱいタレと衣の搦みも絶妙です。添え付けの、キャベツの千切りと水菜にはマヨネーズベースの甘酸っぱいドレッシングがタップリとかかっていて美味しいですよ。

f:id:yokobentaro:20161216201102j:plain

ですので、このようなてんこ盛りのご飯も何のその、あっという間に食べ終わってしまいます。では、油淋鶏をひと口……薄衣がカリッカリに揚り、ちょっとピリ辛な甘酢ダレがたっぷりとかかっていてとっても美味。内側の鶏肉はとても柔らかく仕上がっていて、鶏皮に脂がほどよく乗っていますね。

f:id:yokobentaro:20161216201121j:plain

思った通り、おかずを半分食べた時点でご飯は食べきり、すぐにお替りをもらいました。さすがに二杯目は、普通盛りのご飯ですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20161216201238j:plain

……すっかり油淋鶏の美味しさに夢中になり、中華スープなどに手を付けるのを忘れておりました。このスープは玉子の優しい旨味とほどよい味付けで、安定した美味しさです。胡麻油の効いた搾菜も、いい感じに塩抜きされています。でも、これらをすべて完食したら、さすがに凄まじい満腹感。〆の杏仁豆腐をいただいてお店をあとにしました。

f:id:yokobentaro:20161216201256j:plain

せっかくなので、腹ごなしに隅田公園へとウォーキングに出かけましょうか。そこで、数日前にこのプログにアップしました写真は曇天で暗かったので、新たに快晴の空をバックに撮り直し……。

f:id:yokobentaro:20161216201325j:plain

やっぱり、青空の中でのゆりかもめは一段と映えますね。

f:id:yokobentaro:20161216201345j:plain

さらには黄金の○○○。キンキラキンに輝いていて、○○○と呼ばれているわりにはとっても綺麗です(笑)!!!