読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草雷門近く つけ麺家 利平の醤油らーめん大盛り!

ラーメン

……寒い日が続きますね。こう寒さが続きますと、お昼のメニューもラーメンなどの熱々のスープものに偏ってきますが、この日もラーメンが無性に食べたくなり、浅草近辺をブラブラしておりました。

f:id:yokobentaro:20161219123305j:plain

で、ふと頭に浮かんだのが、浅草雷門近くにある『つけ麺家 利平』というお店。よくよく考えると、ここで『つけ麺』や『味噌らーめん』はよく注文するものの……。

f:id:yokobentaro:20161219123337j:plain

オーソドックスな『醤油らーめん』は未だに食べたことがありません。七百八十円という値段設定なのもお手頃、今回はこのメニューを試してみようかと思います。住所は台東区雷門一丁目十三番地九号、浅草雷門を背に右側に二分少々歩いた辺りに位置します。

f:id:yokobentaro:20161219123401j:plain

では、食券を購入しましょう。『醤油らーめん』のボタンは「並」「大」の二種類あり、何とお値段はともに七百八十円。「大」を頼むと、経験上とんでもないことになるのはわかってはいるものの、やっぱり大盛りにしてしまいました(汗)。

午後二時を回ると、店内はだいぶ空いておりますね。ほとんどカウンター席を一人で占拠しているような状態になりました(笑)。このお店、外装も然りですが、店内も何となく和風な造りでなかなか良い雰囲気ですね。

f:id:yokobentaro:20161219123415j:plain

テーブル上には『つけ麺』の楽しみ方が指南されていますが、今回は『醤油らーめん』なので、デフィルトの味をまずは試してみたいと思います。でも、物足りない場合は卓上の玉葱のみじん切りや削り節を、存分に駆使するのも良いかもしれませんね!!!

f:id:yokobentaro:20161219123429j:plain

そして、待つこと十分足らずでコチラが配膳台に置かれました!!!

写真ではわかり辛いと思いますが、直径は洗面器ほどはありそうな、持ち上げるとかなりの重量の丼です。久々にこの丼を目の前にして後悔の念が……果たして、今回もスープまで残さず飲み干せるのでしょうか(大汗)。

で、このスープは若干濁りのあるサラリとした感じの印象です。麺はつけ麺と同じもので、かなり太めですね。トッピングには丸く成形された叉焼にメンマ、粗めに刻まれた葱と、焼き海苔が一枚添えられております。

f:id:yokobentaro:20161219123444j:plain

では、さっそくスープから……動物系と魚介系の合わせスープだと思われますが、魚介系の強い風味が前面に出た、和風なアッサリとしたスープに仕上がっておりますね。醤油の塩気も濃からず薄からず、この上品な美味しさのスープなら、こんなに多量でも、全部飲み干せるかも(笑)!!!

麺はモチモチの食感で、少し硬めの茹で加減。この和風なスープがしっかりと搦んで、大量な麺の量にもかかわらずズルズルと食べられてしまいますね。刻み葱の辛みと焼き海苔の風味がこの和風スープにはピッタリ、叉焼は熱で蕩けてほどよい食感です!!!

結局、時間は少々かかったものの、スープも残らず飲み干して完食。美味しくいただきましたがもうお腹はパンパン、さすがに当分ラーメンは食べなくても済みそうです(汗)……。

f:id:yokobentaro:20161219123459j:plain

その晩は少し多めにウォーキングしようと、合羽橋道具街をブラブラ……。すると、道具街の終わる言問通りの交差点のあたりには立派なクリスマスツリーが飾られておりました。うーん、眼福です(笑)!!!!!

 

www.yokobentaro.com

 

www.yokobentaro.com