涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区側の駒形橋付近 喜多方ラーメン 坂内のねぎラーメン!!!

f:id:yokobentaro:20161215162523j:plain

……前日、天気が優れず、寒い中ウォーキングをしたのが祟ったのか、何となく背筋が冷たく感じます。まさか、これは風邪の兆候でしょうか(汗)。こういうときは、早めに身体を暖めるような食事を摂取して、何とか発病を事前に抑えたいところです……。

f:id:yokobentaro:20161215162554j:plain

そこで、熱々のラーメンで対処しようかと、お昼に再び浅草方面へと出かけていきました。そういえば、しばらく駒形橋のたもとにある『喜多方ラーメン 坂内』に入っていませんね。久々に、喜多方ラーメンで暖まるとしましょうか……。

f:id:yokobentaro:20161215162610j:plain

この『喜多方ラーメン 坂内』の住所は、台東区雷門二丁目四番地十一号。いちおう、いつもの地図も貼っておきますね。

f:id:yokobentaro:20161215162626j:plain

では、外に出されているメニュー看板から、本日の一杯を決めるとしましょう。うーん、風邪には葱が良さそうだし……そこで、『ねぎラーメン』七百六十円をいただくことにしました。嬉しいことに、平日の午後三時までは半ライスの無料サービスもありますね。

f:id:yokobentaro:20161215162639j:plain

寒いので、さっそく店内に移動……時間は午後二時近くになりますが、そこそこ席が埋まっております。カウンターテーブルの上には、餃子用の醤油・ラー油・酢とともにテーブルコショウも並んでいますが、コショウも風邪には効くかも(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20161215162653j:plain

そして、待つこと十分ほどで配膳された『ねぎラーメン』がコチラ!!! 無料の半ライスと、大根と紫蘇の実のお新香も付いてきます。早くも長葱のよい香りが漂ってきて、食欲が刺激されます(嬉)。

f:id:yokobentaro:20161215162708j:plain

『ねぎラーメン』は、通常の『喜多方ラーメン』に細く刻んだ生葱をドッサリとトッピングしたという印象ですね。さらに、その葱には赤い油のようなものが和えてあります。

f:id:yokobentaro:20161215162721j:plain

それでは、コショウをタップリと振りかけて、いただきます……多加水の中太ちぢれ麺は安定した美味しさ、モチモチしていて食べ応えバッチリ。スープは動物系ガラを低温でじっくりと煮出した感じの澄んだスープです。あっさり系のサラリとした仕上がりで醤油の塩気も絶妙。そして、トッピングの細く刻まれたたっぷりの長葱に搦むのは、辛酸っぱいラー油ベースのタレ、よく混ぜ合わせるといつものラーメンスープがまた別の味わいになって、美味しさもグレードアップしますね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20161215162739j:plain

五枚ほどトッピングされた焼豚は、スープの熱で特に脂身の部分がトロトロに柔らかくなっています。これをご飯の上に載っけて食べると、もう最高!!!

f:id:yokobentaro:20161215162751j:plain

小皿に盛られたお新香も一緒に……紫蘇の実の風味と塩気がとても美味で、ご飯はあっという間に食べきれてしまいますね(笑)。そして、スープも一滴残らず飲み干して完食、一気に身体がポカポカしてきました!!!!!

f:id:yokobentaro:20161215162809j:plain

店をあとにするなり、勢い余ってまた寒い中をウォーキングしに出かけましたが、これではすぐに体温が下がってしまいますよね……。みなさまもこの時期、充分に暖かくされて、お風邪など召さぬように過ごされてください!!!