涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴の黒いチャーハンで独り飲み(笑)!!!

先週の水曜日から、かなり神経を集中して仕事に没頭しておりました。その甲斐あって、土曜日の夕刻はゆっくり休める時間が作れましたので、久しぶりにウォーキングに出かけてきました。

f:id:yokobentaro:20161204191810j:plain

ところが、すでにどっぷりと日が暮れておりまして、バンダイの本社の前を通ると、沿道に飾られているキャラ人形が、すでにライトアップされています。

f:id:yokobentaro:20161204191824j:plain

アンパンマンやドラえもんなどの二等身的なキャラに混じって……。

f:id:yokobentaro:20161204191850j:plain

リアルな等身のウルトラマンや仮面ライダーの姿も見受けられますね。でも、暗い中で下からライトが当たっていると、ちょっと不気味にも感じます(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20161204191906j:plain

で、これらの人形のちょうど斜め前あたりに、看板が煌々と明るいお店がありますが、そこはよくお昼ご飯でお世話になっている『中国飯店 楽宴』です。本日はお昼ご飯も食べそびれましたので、軽く一杯飲みながらお腹を満たしましょうか。

f:id:yokobentaro:20161204191920j:plain

『生ビール』や『各種サワー』は一杯二百八十円なので、かなりお得ですよ!!!

f:id:yokobentaro:20161204191936j:plain

さっそく店内に入ってみると、早くも団体のお客さんが宴もたけなわ状態ですね。で、とりあえずは『晩酌セット』九百八十円からの注文にしましょう。この『晩酌セット』、『生ビール』『各種サワー』『ソフトドリンク』『グラス紹興酒』から一杯を選び、次に二十四種の小皿料理のうちから三品を選んで……これで一セットとなります。

f:id:yokobentaro:20161204191955j:plain

では、飲み物は『生ビール』に決めましょうか。おつまみはどれにしようかな……。

f:id:yokobentaro:20161204192011j:plain

結局、選んだ三品は『チャーシュー』に『棒棒鶏』……。

f:id:yokobentaro:20161204192026j:plain

『砂肝和え物』と……あっ、お肉ばかりになりました(笑)。さっそくこれらをつまみながら、喉を潤しましょう。『棒棒鶏』のお肉はとっても柔らか、少し甘めのゴマソースが鶏肉の旨味をさらに引き立てていますね。『チャーシュー』は、ほんのりと八角の風味を感じます。しっかりとした食感のお肉と、上からかけられた甘辛な醤油ダレがベストマッチですね。

『砂肝和え物』は、スライスされたコリコリ食感の砂肝とともに、白葱・キュウリが和えてあります。コショウと塩ダレの味付けがとてもよく合い、こちらも美味ですよ。ただ、これだけおつまみがあると、とても『生ビール』一杯では足りませんよね。

f:id:yokobentaro:20161204192048j:plain

そこで、単品で飲み物を追加することに……ビールは苦く感じてきたので『ウーロンハイ』に切り替えましたが、これは思いのほかアルコールが濃い目です(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20161204192108j:plain

この一杯に合わせて小皿三品はつまみきりましたが、もう少し何か食べたい気分ですね。そこで、ご飯もので〆ようかと『高菜チャーシューチャーハン』六百八十円を頼んでみたのですが、これはかなりの盛りで配膳されてきました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20161204192217j:plain

さらには、この真っ黒けなビジュアルにビックリ!!!

具は高菜・チャーシューに加えて細かく刻んだ搾菜や長葱も入っています。ちょっと黒いのでわかりづらいと思いますが、卵も炒られておりました。では、さっそくひと口……色のわりにはそれほど塩っぱ過ぎず、ほどよい塩気と旨味のバランスでとても美味ですね。チャーシューの脂身のトロトロな食感に、高菜や葱のシャッキリ感、卵の柔らかい食感も混じって、食べ進んでいっても飽きはきません。これはお酒のおつまみにも良いかも……。

f:id:yokobentaro:20161204192231j:plain

そこで、チャーハンを食べながらの一杯に、再び『ウーロンハイ』を追加しました!!!

これらをすべて平らげたら、さすがに何も飲み食いできないぐらいの状態になりましたので、お勘定を〆てもらいました。そのお値段は、何と合計二千二百二十円。けっこう酔って、満腹になってのこのお値段は、庶民の味方ですよね(笑)!!!

 

f:id:yokobentaro:20161204192246j:plain

『中国飯店 楽宴』の住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。いちおう、いつものようにこのお店までのアクセスを貼っておきますね。