読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区側の駒形橋付近 麺屋 江武里で久々の濃厚魚介味玉つけめん!!!

ラーメン

こう寒くなってきますと、ラーメンがやたらと恋しくなりますが、それでもたまにはつけ麺も食べたくなりますよね。そこで、無性に濃厚でドロリとしたタイプのつけ麺が摂取したく、駒形橋方面へと出かけてまいりました。

f:id:yokobentaro:20161128132240j:plain

……向かった先は駒形橋のたもとにある『麺屋 江武里』。濃厚ドロリというと、浅草雷門近辺だと、僕の場合どうしてもこのお店がいちばんに浮かんでしまいます(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20161128132308j:plain

路上にはこのような立て看板も出ておりますので、比較的見つけやすいかと思います。

f:id:yokobentaro:20161128132338j:plain

住所は台東区雷門二丁目四番地一号、『喜多方ラーメン 坂内』の左隣りになりますが、いちおう、いつもの地図も貼っておきますね。

f:id:yokobentaro:20161128132400j:plain

さっそく入口を入って右脇の券売機で食券を買おうとすると、つけ麺のメニューはいつの間にか「あっさり」と「こってり」の二種類が用意されていました。ここは迷わず「こってり」の『濃厚魚介つけめん』のボタンの列から選びます。えっと、味玉の付いた『濃厚魚介味玉つけめん』だと八百九十円ですね、ではこちらのボタンをポチッと……。

f:id:yokobentaro:20161128132418j:plain

麺の量は「並」「中」「大」と同一料金ですので、店主さんに食券を手渡す際にサイズを伝えましょう。で……やっぱり「大」にしてしまいました(笑)。そして、数分ほどで運ばれてきた『濃厚魚介味玉つけめん』がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20161128132433j:plain

丼にはタップリな量の太めの平打ち麺。多加水の見た目がツルツルした麺で、そのまま食べてみると、しっかりとした小麦の風味が口いっぱいに広がります。歯応えはちょっと硬めでズッシリとした麺ですよ。その上には、焼き海苔が一枚と、味玉が載せられています。

f:id:yokobentaro:20161128132447j:plain

つけダレの器はかなり熱々ですね。表面には刻んだ千住葱が浮いたドロリとした感じのスープ、底にはブツ切りの叉焼がゴロゴロと沈んでいます。

f:id:yokobentaro:20161128132504j:plain

では、このツヤツヤの平打ち麺をしっかりとディップして、いただきます……つけダレは、大量のゲンコツと鶏ガラの動物系、煮干しに香味野菜を長時間炊き込んだという濃厚なスープ。材料の旨味が存分に抽出されていて、ほのかに甘みもありとても美味です。柚子の風味も上品に漂ってきますね。太めのもっちりした麺に、この濃厚なタレがしっかりと搦み、もうたまりません!!!!!

大盛りとはいえ、このつけダレでいただいていくと、意外に量が多くても簡単に食べられてしまうのが不思議ですね。沈んでいる叉焼はハーブの香りが効いていて、塩気もしっかりと付いた洋風な味付け。これが良いアクセントとなって、量を食べ進んでも飽きがきません。

最後に、半熟の煮卵をつけダレとともに堪能してマッタリ……いつまでもこの余韻に浸っていたいところですが、一気に飲み干して完食しました。

……では、せっかくなので、明日は「あっさり」系のつけ麺も試してみましょうかね(笑)!!!

と、いうことで明日もこのお店のお話が続きます……。

f:id:yokobentaro:20161128132527j:plain

そういえば、駒形橋からも東京スカイツリーが間近に見ることができますが、今月になってから、いろいろとライティングの色が変化していて飽きがきません(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20161128132729j:plain

ここ最近は、クリスマスカラーの赤や緑が多くなった気が……って、気がつけばもう十二月に突入寸前でしたね(大汗)!!!!!