読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区蔵前 横浜家系ラーメン 壱角家の赤辛家系ラーメン!

ラーメン

昨日の金曜日は、ちょっと新規の仕事でバタついておりまして、またお昼を食べ損ねるところでした。結局仕事が一段落して、食事に出かけられたのは午後の四時……これでは、まるで夕食ですよね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20161118194655j:plain

食後すぐに次の仕事をこなしたいので、ここは手っ取り早くラーメンあたりを掻き込んで、素早く帰ってくることにしましょう。

まずはラーメン店の比較的多い、浅草橋方面に出ようと蔵前あたりをブラブラ。そこで、都営浅草線の蔵前駅の入口付近にある、横浜家系ラーメンのチェーン店『壱角家』の派手な看板が目に入ってきましたので、ここに決定しますか(笑)!!!

ちなみに住所は台東区蔵前三丁目十二番地十号です。

f:id:yokobentaro:20161118194721j:plain

店頭のメニューポスターを確認、前回は煮干しの効いた『激にぼ家系ラーメン』を食べてみましたので、本日はその下の……「魂の赤」と書かれた『赤辛家系ラーメン』を食べてみましょうか。

キャッチコピーは「マイルドな美味しさの中に突き抜ける辛さが絶妙なコラボ」だそうです。お値段は並で八百三十円、大盛は九百三十円ですが、ここのチェーン店はいつでもご飯が食べ放題ですので、やっぱり並にしておきます(笑)。

f:id:yokobentaro:20161118194758j:plain

オススメニューは、券売機のトップ画面に表示されているので、食券購入はラクですね。食券を店員さんに手渡す際に、味の濃さと麺の硬さの好みを伝えたら……。

f:id:yokobentaro:20161118194827j:plain

すぐにご飯を貰いにいきましょう。セルフサービスのライスコーナー、炊飯器が巨大ですね(笑)。前はOPEN~24:00までのサービスだったのですが、いつの間にか全時間帯になっていました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20161118194845j:plain

……とりあえず、軽めの盛りで貰ってきました。

f:id:yokobentaro:20161118194907j:plain

そして、数分ほどで配膳されてきた『赤辛家系ラーメン』がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20161118194925j:plain

トッピングは、丸く成形されたチャーシュー・さらには四角く刻んだチャーシュー・ほうれん草・味付けされたウズラの玉子・焼き海苔も三枚添えられています。とてもクリーミーなスープに、赤い辣油が回しかけられていますね。

f:id:yokobentaro:20161118194952j:plain

では、卓上に備えてある薬味の中から……。

f:id:yokobentaro:20161118195014j:plain

生玉葱のみじん切りとおろしニンニクをタップリ盛って、すりゴマをパラパラ振っていただきましょう。では、スープから……かなりドロッとしていて濃厚です。豚骨などをけっこうな量煮込んで、出汁をとったという感じですね。辣油をスープに馴染ませると綺麗なオレンジ色になり、それでもさほど辛くはないと思って油断していると……じわりじわりと胃の中が熱くなってきます。よく見ると、細かく刻んだ赤唐辛子も浮いていることに気づきました。

スープの味付けはけっこう濃い味ですので、麺はかなり太めでも、しっかりと味を纏います。ただ、豚骨出汁の旨味とともに塩気もけっこう感じますので、やはりご飯を貰うことをオススメします(笑)!!!

このご飯に、熱でトロトロに蕩けたチャーシューや、スープの搦んだ海苔などを載っけて食べると、もうたまりませんよ!!!……と、いいつつもご飯一杯ですでにお腹がいっぱい。すべて食べきった頃には睡魔も襲ってきて、仕事のペースはゆっくりになっておりました(大汗)!!!

 

www.yokobentaro.com