読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR御徒町駅北口近く 北海道マルハ酒場の牛カルビ丼大盛!!!

今週明けの月曜日は、恒例のフネさん&ガッキィさんとの食事会をすることになり、JR御徒町駅北口改札で、午後二時に待ち合わせをしておりました。

f:id:yokobentaro:20161109122830j:plain

時間前に合流し、向かった先は『北海道マルハ酒場』というお店。ここは焼肉の丼が美味しいとのことです。改札から歩いて三十秒という距離ですが、春日通りには面していないので、少し見つけづらいかもしれません……。住所は台東区上野五丁目二十五番地八号になります。

f:id:yokobentaro:20161109123028j:plain

店頭には、美味しそうな写真入りのメニューポスターが出ていますね。牛と豚の二種類の丼が価格入りで告知されています。

f:id:yokobentaro:20161109123042j:plain

その脇には、何だかシュールなオブジェまで鎮座しております。これって、たしかポケモンGOのポケストップになっていたと記憶していますが……。

f:id:yokobentaro:20161109123104j:plain

で、さっそく店内に入って食券を購入しましょう。フネさん&ガッキィさんは『牛カルビ丼』の食券を購入した様子……僕もマネすることにしました(汗)。『牛カルビ丼』は、並・大盛ともに同料金の七百八十円、特盛は百円増しですが、分量がわからないのでおふた方に倣って大盛にしておきましょう。

f:id:yokobentaro:20161109123127j:plain

そして、雑談すること十分ほどで『牛カルビ丼』の大盛が配膳されました。トッピングされたテカりのある牛カルビで、ご飯が覆い隠されていますね。その上には刻んだ分葱と白ゴマが添えられています。

f:id:yokobentaro:20161109123139j:plain

さらに、メインの丼以外には、白菜のキムチの小鉢と……。

f:id:yokobentaro:20161109123152j:plain

味噌汁もセットで供されます。このセットで七百八十円はけっこうリーズナブルですね。

f:id:yokobentaro:20161109123208j:plain

テーブル上には甘辛いコチジャンのような味噌が置いてありますので、これも使ってみましょうか。で、そのお味は……お肉は脂身の割合もちょうどよく、柔らかくて牛の旨味がしっかりとしていますね。そしてタレの甘辛さが絶妙で、焼きの香ばしさと甘さが連動してとっても美味、ご飯をかき込む速度が増していきます(笑)!!!

甘辛味噌もしっかりと辛くて、お肉に搦ませるとまたひと味違って食欲が増進してきます。そんなことを考えて食べておりましたら、もう二人とも食べ終わっていたので、僕も慌てて掻き込みました(大汗)。ふと気がつけば、欧米からの観光客の方々が大人数でご来店されていて店内はいっぱい、早々にお店をあとにしました。

次回は『もち豚カルビ丼』も試してみたいですね。どうもコチラは店長さんのイチオシのメニューのようですので(笑)!!!!!

せっかくなので、喫茶店でお茶でもしましょうか。お腹もいっぱいなのでゆっくり座りたいですし……。

f:id:yokobentaro:20161110122918j:plain

とりあえず、御徒町から秋葉原方面へブラブラ……。すると、中央通りに面したビルの一階に、何となく雰囲気の良さそうな喫茶店を発見。ちょっと近寄ってみましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20161110123200j:plain

入口脇の窓いっぱいに、高級そうなティーカップが整然と陳列されていますね。

f:id:yokobentaro:20161110123257j:plain

雰囲気も良さそうですので、さっそく店内に入ってみましょうか。さすがに、平日の午後三時近くですので、お客さんの数もさほど多くありませんね。で、四人がけのテーブル席に案内されてメニューをチェック……。珈琲・紅茶は七百五十円からの価格設定です。

僕の場合、寒くなってもアイスコーヒーを好んで飲んでいますので、アイスメニューから……ちょっと奮発して『水だしアイスブレンド』八百五十円にしてみましょうか。あっ、さっき食べた『牛カルビ丼』よりもお値段が高級ですね(汗)……。

f:id:yokobentaro:20161110123323j:plain

でも、かなり本格的な珈琲が楽しめそうです。注文をして十分ほどで、それぞれの飲み物が運ばれてきました。おふた方はさすがにホット珈琲にしています……。

この『水だしアイスブレンド』はブラックでガムシロップも入れずにいただくことにしました。浮かんでいる氷をよく見ると、珈琲を凍らせたものだったのでビックリ!!!

f:id:yokobentaro:20161110123337j:plain

では、さっそくいただいてみましょう……うーん、やっぱり普段飲んでいるアイスコーヒーとはひと味もふた味も違いますね。しっかりとした珈琲の風味とキレのある苦みが口の中に広がり、後味はとても爽やか。満腹で靄のかかった頭の中がスッキリしました!!!

ただ、さすがにお値段が高級ですので頻繁には利用できませんが、たまに贅沢なひとときを過ごしたい気分のときにはいいかもしれませんね……。

f:id:yokobentaro:20161109122806j:plain

本日の野鳥イラストは、アオジという鳥にしてみました。あと二回ほどアップしますが、もう少々お付き合いください(汗)……。