読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区寿町 そば処 甲州屋で熱々のかけうどんを食べました(笑)!!!

ここ最近は、晩秋というか、真冬のような寒い日が続きますね。

そんな日は、やたらと熱々のうどんが食べたくなり、仕事場付近をブラブラ……。

f:id:yokobentaro:20161101193117j:plain

そこで、久しぶりに近所の『そば処 甲州屋』に出かけてみることにしました。ここはお蕎麦だけでなく、うどんも食べられますので(笑)。

f:id:yokobentaro:20161101193145j:plain

さっそく店頭のメニュー表をチェック、『カレーうどん定食』や『月見うどん』もありますが、この日は何となく、シンプルに『かけうどん』が食べたい気分でした。

えっと……「本日のランチ」は『開花丼』ですね。お値段は「そば」か「うどん」が付いて八百円とお得です。ただ、ここしばらくの食べ過ぎで体重が増加傾向です(汗)。それでも、『開花丼』は豚肉と玉葱を卵とじにしたもの、よくよく考えるとカツ丼の衣抜きのようなものですので、いくぶんかはヘルシーな感じがしますよね(笑)。

f:id:yokobentaro:20161101193159j:plain

やっぱりご飯ものも欲しいので、『開花丼』のセットで『かけうどん』を食べることにしましょう。さっそく店内に入り注文、ほんの五分ほどの待ち時間でコチラが配膳されてきました!!!

うーん……『開花丼』と『かけうどん』は、どちらもたっぷりと一人前あります。

f:id:yokobentaro:20161101193223j:plain

『開花丼』、こうして見るとけっこうなボリュームですよね……これだけでもお腹いっぱいになってしまうような気がしてなりません。では、さっそく食べてみましょう。甘さ控え目の麺つゆの効いた卵とじ、火が通り過ぎていない絶妙な加減に仕上がっています。豚バラ肉もすごく柔らかい仕上がり、脂身の甘さと卵のマッタリとした食感に玉葱の香味が加わり、ご飯にピッタリの卵とじです!!!

f:id:yokobentaro:20161101193234j:plain

で、『かけうどん』の写真を撮ろうとしたら、立ちのぼる湯気でソフトフォーカスがかかってしまいました(汗)。この、熱々の『かけうどん』には……。

f:id:yokobentaro:20161101193247j:plain

小皿には、大根の浅漬けに薬味の刻み葱が盛られてますが、その薬味の葱をすべて投入……。

f:id:yokobentaro:20161101193300j:plain

さらには七味唐辛子をたくさん振りかけていただきましょう(笑)!!!

うどんはとても柔らかく茹でてあります。つゆは関東風のちょっと濃いめな色ですが、さほど塩っぱくはなく、少し甘みも感じる味付けですね。このつゆに刻み葱の香味、さらには七味唐辛子の辛味がアクセントになって、いっそう美味しさが引き立ちます。しかし、かなりの熱さで猫舌の僕は悪戦苦闘、すべて平らげるまでに珍しく十五分以上も要しました(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20161101193321j:plain

いちおう、場所のご説明を……浅草消防署の斜め前に位置し、都営大江戸線の蔵前駅からは五分ほど、住所は台東区寿三丁目十五番地十六号になります。とりあえず、いつもの地図も貼っておきますね(笑)。