読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴で久々の週替わり、海鮮麻婆春雨定食!!!

ここしばらく、新規開拓した中華料理店などに通っていて、ちょっとご無沙汰気味になっていた『中国飯店 楽宴』……あまり顔を出さないと、また忘れられた存在になりそうですね(大汗)。

f:id:yokobentaro:20161017191747j:plain

そこで、久々に『中国飯店 楽宴』でランチ……週替わり定食をチェックしてみましょうか。

f:id:yokobentaro:20161017191917j:plain

えっと……Aが『ニラレバー』でBが『海鮮麻婆春雨』、お値段はどちらも六百八十円ですね。うーん、ちょっと悩みましたが、Bの『海鮮麻婆春雨』にしてみましょうか。海鮮の麻婆春雨って、どのような感じのお料理かも気になりますし……。

f:id:yokobentaro:20161017191934j:plain

さっそく入店、店内は午後二時を回っているにもかかわらず、相変わらずお客さんが多いですね。まずは店員さんに注文を……すると、ほんの五分ほどで『海鮮麻婆春雨』定食が配膳されてきました!!!

いつものように定食のセットには、若布・玉子の中華スープと搾菜、それにデザートの杏仁豆腐が付きます。白飯はお替わり無料、本日もお替わりをするつもりです……。

f:id:yokobentaro:20161017191949j:plain

『海鮮麻婆春雨』はかなりの量がありそうですね。このお料理が盛られた食器、実は底が深めなのでした(汗)。挽肉タップリの麻婆春雨に、青菜・人参などの野菜類とエビ・飾り切りされたイカが各二つほど見受けられますね。それでは、いただきます……うん、ツルッツルでプチプチッと歯切れのいい春雨に、甘めでなおかつピリ辛の麻婆のタレがベストマッチ。味付けは少し濃いめ、挽肉の旨味と山椒の痺れも相俟って、これはご飯が進みます!!!

この、麻婆春雨だけでも充分に一品料理として成り立つところに、海鮮の具材も楽しめるところがお得感満載ですね(嬉)。エビやイカはご飯に載せていただきましょう。プリプリ食感のエビやイカにも、この麻婆の味付けは思ったよりも合います!!!

f:id:yokobentaro:20161017192006j:plain

……ただ、このお料理はかなりの熱さ、口の中が熱と辛さでヒリヒリしてきます。そこで、優しい味付けのトロ味のある中華スープで、辛い味覚で痺れ気味の口の中を落ち着けましょう。

f:id:yokobentaro:20161017192103j:plain

そして、『海鮮麻婆春雨』を半分ほど平らげた時点でご飯のお替わり、これでおかずと同時にご飯が食べ終われますね。でも、この時点でもうかなりお腹がいっぱい、完食をした頃にはお腹がはち切れそうでした(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20161017192117j:plain

それでも、やっぱりデザートは別腹です!!! さっぱりとした甘みの杏仁豆腐で味覚をリセット、スッキリと昼食を〆ました。

f:id:yokobentaro:20161017192128j:plain

『中国飯店 楽宴』の住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。いちおう、いつものようにこのお店までのアクセスを貼っておきますね。

ここで皆様にお詫びを……。先週から、以前にも増して仕事の状況がバタバタしてしまい、皆様のところへの訪問が滞り気味になり、心苦しい限りです。大変申し訳なく思っており、しばらく「はてなスター」のボタンの表示も控えさせていただくことを、何卒ご容赦ください……。