読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

合羽橋道具街と谷中ぎんざで食料品の買い出しを……

日々つれづれ

f:id:yokobentaro:20161015170843j:plain

十月十日の体育の日のお話の続きなのですが、ちょっと昨日アップした内容と前後しております(汗)。で、午後三時半頃に『合羽橋道具街』へ買い物に出てみますと……。

f:id:yokobentaro:20161015170858j:plain

何と、歩行者天国でした(笑)。実は、この時期に合羽橋祭りが開催されているのをすっかり忘れておりまして……。何だか、どこのお店も混雑していそうですね。

f:id:yokobentaro:20161015170913j:plain

案の定、各店舗の前はご覧のような人集り、すんなりとお目当てのものが購入できるのでしょうか。少々不安が過ります(汗)。

f:id:yokobentaro:20161015170928j:plain

……ちょっと寄り道! サンプル商品のパフェに目がいきましたが、本当にリアルに美味しそうな出来映えですね。『ミニパフェ』は二千八百円で買えるみたいですが、今日のところはお荷物になりそうですので、素通りしましょう(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20161015170944j:plain

とりあえず目的のお店に到着しましたが、やはり大変な混雑。この『本間商店』は、いろいろな調味料やレトルトカレー、ラーメンスープなどが業務用サイズで手に入ります。

f:id:yokobentaro:20161015171002j:plain

ここでどうしても買いたかったものは、粉末の『焼きそばソース』。粉末のソースなんて、スーパーで売っているのを見たことがないので……。一キログラム入りの大袋で、お値段は千二百二十円。本当は、小袋に分かれているものがあるとよかったのですが、これしかありませんでした。でも、これからは袋入りのインスタントラーメンや生麺で、簡単にソース焼きそばがたんまり作れますね(笑)。

f:id:yokobentaro:20161015171027j:plain

『合羽橋道具街』での買い物を済ませたら、次の目的地の『谷中ぎんざ』へ向かいましょう。で、そのまま道具街を突き抜けて、言問通りに出ようと思ったのですが、前方からは消防署のパレードがやってきました。

f:id:yokobentaro:20161015171104j:plain

ブラスバンドの行進も賑やかですね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20161015171117j:plain

さらには『生涯学習センター』前で、この近くにある中学校・高等学校の生徒たちが和太鼓の演奏をしていました。観客もいっぱいでとても盛況な様子です!!!

f:id:yokobentaro:20161015171134j:plain

……で、『谷中ぎんざ』に着いた頃にはもう午後四時半、「夕やけだんだん」を下って右側にある一件目の『後藤の飴』で、急いでお目当てのお菓子の買い物をいたしました。

f:id:yokobentaro:20161015171156j:plain

この『後藤の飴』というお店、住所は荒川区西日暮里三丁目十五番地一号になりますが、何と創業は江戸時代だそうです。ここで購入したお菓子は……。

f:id:yokobentaro:20161015171230j:plain

このようなものを買い込んできました!!! 『黒かりんとう』三袋に『手造り五家宝』『生にんにく味噌あられ』『揚げぎんなん』が各一袋、これで合計金額は千九百二十七円ほどでした。

f:id:yokobentaro:20161015171252j:plain

で、このうちの『黒かりんとう』三袋と『手造り五家宝』は母親用のおやつだったのですが、これを手渡したときに五家宝は母親のキライなお菓子だったことが判明。子供の頃にいつも家にあったので、てっきり好物なのかと勘違い……結局、僕のおやつとなりました(汗)。

f:id:yokobentaro:20161015171336j:plain

残りの『生にんにく味噌あられ』と『揚げぎんなん』はお酒のおつまみにしましょう!

『生にんにく味噌あられ』は強烈な生にんにく風味の甘辛い味噌味、お酒がどんどん進みますし、『揚げぎんなん』は小袋に分かれていて持ち運びも便利。ぎんなん好きにはたまりませんね!!!

……でも一週間後にはすべて食べきっていそうな予感がします(笑)。また今週の日曜日も、『谷中ぎんざ』あたりを徘徊していそうですね(汗)!!!