読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区蔵前 横浜家系ラーメン 壱角家の激にぼ家系ラーメン!

最近は、やっと秋らしい涼しさになってきましたね。そこで、久々に熱々のラーメンが食べたくなり、お昼に浅草橋方面に出ようと蔵前あたりをブラブラ通過しておりました。

f:id:yokobentaro:20161011123234j:plain

すると、都営浅草線の蔵前駅の入口付近にある横浜家系ラーメンのチェーン店、『壱角家』の店頭で、ちょっと面白いメニューのポスターを発見しました(笑)!!!

この『壱角家』は江戸通り沿いにありますが、住所は台東区蔵前三丁目十二番地十号、赤が基調のお店でかなり目立ちます。

f:id:yokobentaro:20161011123306j:plain

「ぎゅっと煮干しの旨味が凝縮された極上の一杯」というコピーの添えられた『激にぼ家系ラーメン』。

「家系なのに煮干しの効いたラーメン?」

これはちょっと興味ありますね。お値段は並で八百三十円、大盛は九百三十円ですが、ここのお店はオープンから二十四時まではライス無料。白飯も食べたいし、さらにはお替わり自由ですので、ここでは並にしておきましょう(笑)!!!

その下の『赤辛家系ラーメン』も気になりますが、それは次回のお楽しみに……。

f:id:yokobentaro:20161011123410j:plain

さっそく店内に入ってタッチパネル式の券売機をチェック。新発売の商品は画面トップに出てくるので食券の購入はラクでしたが、お釣りのボタンがわからなくてちょっと操作に手こずりました……。

f:id:yokobentaro:20161011123513j:plain

次に、店員さんに食券を渡す際に、味の濃さと麺の硬さを指定します。僕の場合はどちらも普通で……。注文が済みましたら、さっそく無料のご飯を貰いにいきましょう。

「OPEN~24:00ライス無料 お替りも無料! 食べ放題!」の貼紙の下に大きな炊飯ジャーが設置されていますので、そちらを目印に(笑)。

f:id:yokobentaro:20161011123554j:plain

飯椀は小ぶりですので、お替わりがちょっと面倒ということもあり、いきなり大盛に盛り付けてきました(汗)。この盛りはけっこうテクニックを要しますよ!!!

f:id:yokobentaro:20161011123647j:plain

卓上には生玉葱のみじん切りと、しょうがが常備されていますが、せっかくなのでどちらか使いたいですね。これはスープの味を確認してから選ぶことにしましょう。

f:id:yokobentaro:20161011123703j:plain

で、注文してから数分で配膳されてきた『激にぼ家系ラーメン』がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20161011123723j:plain

トッピングには丸く成形されたチャーシュー・ほうれん草・味付けされたウズラの玉子、焼き海苔が三枚添えられています。スープはかなりドロッとした、濃厚な感じで、煮干しの風味も強烈です。麺は家系らしい太めの麺が使用されていますね。

f:id:yokobentaro:20161011123743j:plain

では、スープのお味を確認……置いてある薬味の中では、生玉葱のみじん切りが合いそうですので、さっそく適量投入してみましょう。こちらは辛味がけっこう残っていて、良いアクセントになりそうですね。

……肝心のスープのお味の感想は、普通でもけっこう濃い味です。豚骨の出汁の濃厚さも然りですが、それ以上に煮干しの風味と旨味が強く、独特のほのかな苦みも感じます。けっこう塩気がしっかり効いていて、このスープはそのままつけ麺のつけダレになりそうな濃さ、スープの搦んだちょっと硬めの太麺が、ご飯のおかずになってしまうほどです。これは濃い味好きの僕にはたまりません(笑)!!!

やっぱり、ご飯を貰っておいて正解でしたね。食感のしっかりしたチャーシューに、スープの搦んだ海苔でもご飯が進みますし、あっという間にご飯は食べきってしまいました。

よっぽどお替わりをしようか迷いましたが、ここは自重して……スープもすべて飲み干し完食。とてもインパクトの強い一杯でした(笑)。しかし、ここのお店の麺のメニューはご飯がついつい進んでしまうものばかり、ダイエット中には危険ランクが高いお店のひとつです……。