読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

千代田区飯田橋 雅楽のかきあげおろしぶっかけ(冷)うどん!!!

その他グルメ

久々に飯田橋方面でお昼ご飯を食べてきました(笑)!!!

この日はフネさんの誘いで、JR水道橋駅へ出向いていったのですが、何故か飯田橋へ……きっと何処か美味しいお店を見つけたのでしょうね。その道すがら、大勢の人集りを発見!!! 誰か芸能人でもいるのでしょうか……。

f:id:yokobentaro:20160929153249j:plain

その人垣の背後から背伸びをして覗いてみると、何と! くまモンが立っておりました!!!

f:id:yokobentaro:20160929153306j:plain

何とか、くまモンの全身をカメラに納めようと試みるも、これが限界でした(汗)……。

f:id:yokobentaro:20160929153348j:plain

気を取り直して、フネさんお勧めのお店に歩を進めましょう。向かった先は『うどんの中のうどん 雅楽』というお店、住所は千代田区飯田橋三丁目七番地三号になります。地下鉄の飯田橋駅からですと、A2出口が最寄りになりますね。

f:id:yokobentaro:20160929153402j:plain

カウンター席に通され、さっそくメニューと睨めっこ。まだこの日は気温が高かったので、熱いうどんは却下して、冷たいうどんのメニューから選びましょう。で、悩みぬいた結果、フネさんに倣って『かきあげおろしぶっかけ(冷)』千円に決めました……。

この、枠内で囲われたメニューには、『じゃこ山椒めし』か『サラダ』のどちらか一品が付くとのこと、こちらは即決で『じゃこ山椒めし』にいたしました(笑)。

f:id:yokobentaro:20160929153418j:plain

カウンターの上にはいろいろな器が積み重ねられていますね。何か、洒落た小料理屋に来たというような感覚が心地よく思えます。そして、雑談すること十分ほどでコチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20160929153439j:plain

『かきあげおろしぶっかけ(冷)』と『じゃこ山椒めし』のセット、なかなかのボリュームがありますね(嬉)。角切りの冷やしたうどんの上には大根おろしと半分に切られたすだちがトッピングされ、その脇には刻み葱と刻み海苔が添えられています。見た目の清涼感も食欲をそそります。

また、かき揚げが別添えなのも嬉しいですね。それに、小ぶりな飯椀ながら軽く一膳分はありそうな『じゃこ山椒めし』も美味しそう……。

f:id:yokobentaro:20160929153453j:plain

では、さっそくすだちを搾ってうどんから……おおっ、少し硬めに茹で冷やされたうどんはズッシリと重い感じで歯応え抜群、小麦粉の風味もしっかりしていてとても美味。汁の塩気も絶妙で、ほのかに香るお出汁が食欲をいっそう掻き立てます。大根おろしは辛いものではなく、大根の旨味がうどんに搦んでさらに美味しさを引き立てていますね!!!

f:id:yokobentaro:20160929153523j:plain

さらには『じゃこ山椒めし』……少しソフトな仕上がりのじゃこは山椒が効いて、ご飯が止まらなくなりますね。味付けも濃すぎず、これだけで何杯も食べられてしまいそう……。

f:id:yokobentaro:20160929153637j:plain

かき揚げのタネには刻んだイカにエビ、玉葱などが使われていますね。こちらも少し硬めに揚げられていて歯応えのザックリとした食感がたまりません。こちらはそのまま食べてもよし、またうどんにトッピングするのも美味しいかも……。

で、そのまま半分食べたあとは、うどんの汁に浸けていただきましたが、しっかりと揚っていますので、汁で衣の表面も崩れることもなく、中はサクサクのままでやっぱり美味!!!

店名の前に「うどんの中のうどん」と銘打っているだけのことがあり、とても美味しいうどんに舌鼓、汁もすべて飲み干し完食……。少々お値段はお高めかもしれませんが、たまのランチ時にちょっと贅沢をするのも、いいものですよ(笑)!!!!!