読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区蔵前 横浜家系ラーメン 壱角家の油そば!

最近都内のあちこちで見かける、横浜家系ラーメンのチェーン店『壱角家』。都営浅草線の蔵前駅の入口付近にもありますが、以前ここのメニュー写真を見て、とても気になる商品がありまして……。

f:id:yokobentaro:20160829140111j:plain

さっそく蔵前方面にブラブラと出かけてまいりました。ここの店舗は江戸通り沿いにありまして、住所は台東区蔵前三丁目十二番地十号。赤が基調のお店でかなり目立ちます(笑)。

f:id:yokobentaro:20160829140129j:plain

では、さっそく食券を……ここでメニューを確認、ちょうど券売機の上にはメニューが貼られています。えっと、今日どうしても食べてみたかったのは『油そば』だったのですが、家系ラーメンの『油そば』ってどんなものか気になりますよね。さらに何と「並」「大」同価格で七百三十円、これは嬉しいサービスですね!!!

f:id:yokobentaro:20160829140151j:plain

ここの券売機はタッチパネルなのですが、比較的わかりやすい設定なので、僕みたいに不慣れな人種でもラクに購入できます。とりあえず食券を購入して、店員さんに「大盛りで」とひと言声をかけ、それを手渡します。『油そば』は少々時間がかかると、その時点では告げられました。さっそくカウンター席に腰かけ……。

f:id:yokobentaro:20160829140207j:plain

ふと周囲を見渡すと、「OPEN~24:00ライス無料 お替りも無料! 食べ放題!」と貼紙がしてあります。麺を大盛りにしてしまった手前、迷いましたが……。

f:id:yokobentaro:20160829140326j:plain

やっぱり貰ってきてしまいました。飯茶碗は小さめなので、多めに盛っておきましょう(笑)。

f:id:yokobentaro:20160829140339j:plain

そして、けっこう配膳まで時間がかかるのかと思いきや、ほんの数分でこちらが配膳されてきました。味付けされた太麺の上には、メンマ・水菜・細かく刻まれた叉焼・刻み葱のトッピング。

f:id:yokobentaro:20160829140355j:plain

『油そば』には、味変用にマヨネーズと黒酢もいっしょに供されます。でも、最初はデフォルト状態でよくかき混ぜ、いただきます……うーん、脂を纏った麺は少し硬めの茹で加減で美味。タレは旨塩っぱい味付け、これがメンマや叉焼の柔らかい脂身と相俟って、食べ出すと箸が置けなくなってしまいますね。また、この濃いめの味付けはご飯のおかずにもピッタリ、食べ放題のご飯はとても嬉しいですね。

f:id:yokobentaro:20160829140408j:plain

でもせっかくなのでいったん箸を置き、卓上に常備されている生玉葱のみじん切りと、先ほど用意されたマヨネーズと黒酢を適量使用して……。

f:id:yokobentaro:20160829140425j:plain

再度よく混ぜ合わせます。すると、黒酢の酸味とマヨネーズのコクと甘み、玉葱の辛味が加わり、もうご飯が進むこと進むこと……でも、さすがにご飯のお替わりは後々苦しくなるのが目に見えているので、ガマンガマン……。

案の定すべて完食した頃には、お腹がはち切れんばかりになっておりました。この『壱角家』、次回来店するときはかなりお腹を空かせて臨まないと、ご飯のお替わりまでは手が届きませんね(大汗)!!!