涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区台東 蔵前橋通り 小諸そばの和風冷麺かき揚げ丼セット!!!

すみません、しばらくのご無沙汰です……。実は、ちょっと難しい説明イラストの描き起こしのお仕事が入ってしまい、更新が途絶えてしまいました(大汗)!!!

みなさまのブログにもご訪問できないような状況が続きましたが、本日から随時巡回しようと思いますので、よろしくお願いいたします。

で、前回のお話の続きになります……先週金曜日のお昼は、仕事場の近所で『もりそば』と『海老天丼』のセットを食べましたが、実は翌日の土曜日もまた、お蕎麦と丼のセットで軽く昼食を済ませておりました(笑)。

f:id:yokobentaro:20160822175836j:plain

この日は岩本町の『書泉ブックタワー』に、新刊の予約をするために出かけましたので、帰りに秋葉原辺りに出てカレーでも食べようかと、意気揚々と本所のアパートをあとにしました。

ところが、ウォーキングがてら目的地に向かう途中、雨がパラパラ……お腹も空いていたので、その付近を見渡すとちょうど『小諸そば』の店舗が目に止まりました。住所は台東区台東一丁目三十一番地十号、蔵前橋通りと昭和通りの交差する、少し手前にあります。

f:id:yokobentaro:20160822175918j:plain

雨宿りがてら、ここで食事にしましょうか。すると、店舗の前にこんな懸垂幕が掲示されておりました。「夏の大定番」、どうも、このメニューは夏限定で昨年も出ていたようですね。そのメニューとは、『和風冷麺』。並で四百二十円、大盛りは蕎麦が1.5倍で四百五十円とお得です。で、これにしようと思いつつ、この懸垂幕の下のほうには『和風冷麺かき揚げ丼セット』六百二十円というメニューもありますね。

『ミニかき揚げ丼』が『和風冷麺』の並とセットになっているようですが、こちらのほうがお得な気がしてきました。さっそく店内の券売機で食券を購入、配膳口で店員さんにそれを手渡すと、どうも作り置きの冷たいお蕎麦が切れていたようで、茹でるのに少々時間がかかるとのこと。

f:id:yokobentaro:20160822180023j:plain

とりあえずカウンター席に座り、出来上がりを待ちましょう。カウンター上には、薬味などが置かれていますが、その中の「ゆず七味」というビンが目に止まりました。これはあとで使ってみたいですね!!!

f:id:yokobentaro:20160822180038j:plain

さらには薬味の刻み葱、蓋を開けるとタップリの刻み葱が強い芳香を放ちます……などとカウンター上のチェックをしていること五分も経たぬうちに、配膳口にコチラが用意されました。

f:id:yokobentaro:20160822180104j:plain

『ミニかき揚げ丼』は普通の飯茶碗ぐらいのボリュームですね。『和風冷麺』は、目にも涼しそうなメニュー、器の食感からも冷たさが伝わってきます。

f:id:yokobentaro:20160822180117j:plain

蕎麦の上には刻んだ胡瓜・蒲鉾が周囲に散らされ、中央には短冊切りの鶏肉がトッピングされているようです。何か、タレがかけられているようですが、よく混ぜ合わせて食べるもののようですね!!!

f:id:yokobentaro:20160822180147j:plain

それでは、まずはかき揚げから……玉葱と刻んだ南瓜が甘い!!! これに丼つゆの甘辛さも相俟ってご飯にピッタリの美味しさ、桜えびの風味もいいですね。脇に添えられた紅生姜も良いアクセントとなって、食べていて飽きがきません。

f:id:yokobentaro:20160822180208j:plain

『和風冷麺』には、先ほどの「ゆず七味」をタップリ振りかけ、刻み葱とワサビを添えて、よく混ぜ合わせていただきます……比較的味付けは薄めですね。棒棒鶏のタレのようなものが使われているのか、ちょっと甘めで中華風な印象です。でも、蕎麦つゆに不思議とマッチしています。鶏肉も、ササミのような脂の少ない部位が使われているようで、サッパリとしていてヘルシーな感じですね。気がつけば十分もかからずに完食、雨も上がったので秋葉方面に向かうことにしました。

……ところが、この店舗をあとにして、ものの数分で再びの土砂降り。諦めて近くのコンビニでビニール傘を購入いたしました(泣)!!!