読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

墨田区本所吾妻橋 もつ焼 稲垣で四軒目。記憶が欠如してます(汗)!

昨日のお話の続きになります。以前勤めていた会社の同僚たちと、三軒目の『アサヒビール吾妻橋ビル』をあとにした頃には、僕はだいぶ酔いが回っておりました(汗)……。

f:id:yokobentaro:20160712182110j:plain

そして、四軒目のお店に到着したのは午後八時過ぎ、宴の場は『もつ焼 稲垣』に決めました。住所は墨田区東駒形三丁目二十五番地四号。都営地下鉄浅草線の本所吾妻橋駅から徒歩二、三分。浅草通りを浅草方面に進み、すぐに目に入った信号の角を左折、煌々と光を放つ赤い提灯が目印です。

f:id:yokobentaro:20160712182131j:plain

さすがにこの時期は暑いのか、入口の戸は大きく開かれていました。で、店内を覗いてみると、お客さんの数は多く感じましたが、若大将がすぐに六人がけのテーブル席を用意してくれました(嬉)。

f:id:yokobentaro:20160712182151j:plain

この日のお通しは『きんぴらごぼう』ですね。さっそく飲み物を注文……僕以外は『生ビール』を注文していましたが、僕はそろそろ口の中が苦く感じていますので……。

f:id:yokobentaro:20160712182204j:plain

『かち割りワイン(赤)』にしました。ただ、これは口当たりがいいので飲み過ぎは厳禁です。お腹のほうは、そこそこみんな膨れてきた様子ですね。では、おつまみもアッサリとしたものを盛り込んでいきましょう。

f:id:yokobentaro:20160712182233j:plain

f:id:yokobentaro:20160712182246j:plain

f:id:yokobentaro:20160712182307j:plain

僕は、とりあえず『エシャレット』に『エイヒレ』と『稲ピザを』注文。『稲ピザを』は小さめの生地で作られたピザ、二枚ありますので仲良く半分ずつ分けましょう。

f:id:yokobentaro:20160712182330j:plain

誰かが『煮込み』も頼んだみたいですね。やっぱり、もつ焼屋さんにきたらこのメニューは外せませんか。ついでにもつ焼も注文しようと思ったのですが、この時点では誰もほとんど頭が回っておらず……。

f:id:yokobentaro:20160712182405j:plain

お店の若大将にお任せしました(笑)!!! 塩かタレかを聞かれましたが、若いメンバーの希望で、今回はすべてタレにしてもらいました。それで……この『ねぎ間串』のような串焼き、お肉は鶏でなくモツなのですが、部位までは覚えておりません(汗)……。

f:id:yokobentaro:20160712182441j:plain

f:id:yokobentaro:20160712182507j:plain

さらには『レバー串』と、もう一皿……こちらも部位がわかりませんね(汗)。レバーはもう写真もボケボケ、かなり酔っ払っていたのでしょうが、お恥ずかしい限りです……。それでも、どれも美味しかったことだけは記憶しています(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20160712182535j:plain

f:id:yokobentaro:20160712182551j:plain

……えっと、次はおそらく『ヒレカツ』と『カニサラダ』だったかと、もうこの辺りから記憶が飛んでおります。『かち割りワイン(赤)』も、二杯か三杯お替わりをしていたような……。

f:id:yokobentaro:20160712182617j:plain

f:id:yokobentaro:20160712182637j:plain

日付が変わって、日曜日にデジカメの画像をチェックしたところ、『もろきゅう』に『イカの塩辛』の写真も残っていました。このふた品を食べた記憶は、まったく欠如しております。

と、いうことで、終電前には解散したと思うのですが、果たして自分はお勘定を払ったのか……翌日財布を確認すると、三千円ほど減っていたので何となく安心(笑)。

安心したまではよかったのですが、酷い二日酔いで夕方まで陥没しておりました(大汗)!!!

●昨日歩いた歩数……一万四千八百五十二歩、昨日はそこそこ歩けました。今日はまた二日酔い気味なので、おとなしくしています(汗)!!!