読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR浅草橋駅東口近く かくやの激辛つけそば大盛り!

その他グルメ

先週の火曜日は、梅雨空が功をなしてか涼しい一日でした。それでも連日の暑さでバテ気味の胃袋は、お昼を過ぎてもさほど空いてきませんね(汗)。でも食べておかないと晩ご飯まで保たないし……。

そこで、軽くお蕎麦などで昼食を済まそうかと、仕事場をあとにしました。せっかくなので、ウォーキングも兼ねて浅草橋方面に行ってみましょうか。道中には『なか卯』もありますし、そのまま東日本橋まで歩いて『小諸そば』という選択肢もありますからね(笑)。

f:id:yokobentaro:20160701121638j:plain

ちょうどJR浅草橋駅あたりに差しかかったとき、その付近に『かくや』というお蕎麦屋さんがあったことを、ふと思い出し……。

f:id:yokobentaro:20160701121708j:plain

この『かくや』、住所は台東区柳橋一丁目十三番地四号。JR浅草橋駅の東口出口から信号を渡ってすぐのところに『かつや』と『松屋』がありますが、その『松屋』の右隣にあります。

f:id:yokobentaro:20160701121722j:plain

で、店頭前のメニューを確認すると、何やら赤字に「New」という白抜き文字が付いた、目立つメニューを発見。えっと……『激辛つけそば』と書かれていますね。お値段は七百二十円、大盛無料なので並盛三百グラムと大盛四百グラムは同料金です。写真を見た限りではつけダレが真っ赤で辛そう、食欲の湧かないときには良い選択かもしれませんね(笑)。では、さっそく店内へ……まずは入口を入って左側に券売機がありますので、さっそく食券を購入します。この半券を配膳口にいる店員さんに差し出し、振られている番号が呼ばれたら手元の半券と引換えにお料理を引き取りにいきます。

f:id:yokobentaro:20160701121734j:plain

半券を手渡し、いつものクセで大盛と申告(汗)。カウンター席に腰かけ、とりあえずは調味料を物色。いちばん手前にある白っぽい顆粒は、すりごまだったのですね。せっかくなので、あとでお蕎麦に振りかけてみましょうか。

f:id:yokobentaro:20160701121748j:plain

……などと考えていると、待つこと五分も経たないうちに、手持ちの半券の番号が呼ばれました。さっそく受け取りにいくと、真っ赤なつけダレのお蕎麦が待ちかまえておりました!!!

f:id:yokobentaro:20160701121806j:plain

ちょっと太めのお蕎麦が盛り付けられた器には、レタス・人参・水菜などの生野菜と叉焼が三枚、カットレモンも添えられていますね。

f:id:yokobentaro:20160701121827j:plain

つけダレはこの赤さ、そうとう辛いと覚悟しておいたほうがよさそうです。でも、思ったより刺激臭は感じませんね……。

f:id:yokobentaro:20160701121838j:plain

では、先ほどのすりごまを麺に振りかけ、いただきます……おっ、このつけダレは担々麺のスープのような味付け、ごまペーストのコクに甘みとほのかな酸味がブレンドされてとても美味、でもあとからジワリジワリと辛さが追ってきますね。激辛とまではいいませんが、そこそこ辛いつけダレです。コシがあってモチモチのお蕎麦にもこの中華風のタレはよく合います。生野菜はこのまま食べてもヨシ、つけダレに浸しても美味しくいただけますね。叉焼をタレに浸して麺といっしょに食べると、本当に冷やし担々麺を食べているような錯覚に陥ること受け合い(笑)。

麺を半分ほど食べたたところで、つけダレにカットレモンを絞ってみましょう。すると、今度は爽やかな風味と酸味が足されてまた違った味が楽しめます。食欲もさらに増進するので、大盛にして正解でしたね(嬉)。

結局食欲が湧き過ぎて数分で完食、なんだか食べたりないような気がしてくるから不思議です。

そういえば、この『かくや』って、実はチェーン店だったのですね。夜中にJR両国駅の辺りをウォーキングしていましたら、高架下に店舗があるのを見かけました。もしかしたら、みなさまのお住まいの最寄り駅にもチェーン展開しているかもしれませんよ(笑)!!!

●昨日歩いた歩数……一万二百九十七歩。ほとんど仕事場に篭っていて外出しませんでした。今日は急ぎの仕事が入るので、まったく外出できないかも……。

 

www.yokobentaro.com