涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

江東区亀戸 中華ダイニング 福満年で一杯!!!

ここしばらく、土曜日は実家でのひとり飲みが定番となっていましたが、たまには外飲みもしたくなります。そこで、夕方に専門学校時代の友人のダミヤンに電話を入れてみたところ、仕事はひと段落しているということ。久々に飲みにいこうという運びとなりました。

f:id:yokobentaro:20160629184101j:plain

彼の住まいは亀戸、たまには遠征してみるのも楽しそうですね。で、駅での待ち合わせは午後七時。この季節では、まだ空も明るいのでちょっと嬉しく感じます。ここで、前から一度入ってみたいお店があったので、さっそく移動を開始。明治通りを亀戸天神方面に向かいます。すると、蔵前橋通りと交差しますので、信号を渡り左折。交差点角には『但元いり豆本店』という炒り豆屋さんがありますので、ここを目印に……。

f:id:yokobentaro:20160629184143j:plain

そして、蔵前橋通りを亀戸天神へ向かって少し歩くと『中華ダイニング 福満年』という電飾看板が煌煌と光を放っておりますが、本日の目的のお店はこちらになります(笑)。えっと、住所は江東区亀戸三丁目六十一番地二十四号ですね……。

f:id:yokobentaro:20160629184204j:plain

さすがにこの時間帯は店内も空いていました。では、飲み物メニューを……『生ビール』は中ジョッキでも三百九十円(税別)、サワー類も大半が三百円(税別)と設定はお安めですね。

f:id:yokobentaro:20160629184223j:plain

では、まずは『生ビール』で乾杯!!! 暑かった日のビールは五臓六腑に染み渡ります。

f:id:yokobentaro:20160629184238j:plain

このタイミングで、お通しも配膳されてきました。大根と人参を拍子木切りしてなますにしたようなお味、とてもサッパリとしていてビールによく合いますね。

f:id:yokobentaro:20160629184251j:plain

さっそくお料理を注文していきましょう。まずは前菜から『蒸し鶏の冷菜』を……鶏肉は柔らかで皮の脂もたまりません。絶妙な塩気でとても美味ですね!!!

あっ、毎回のことですが、メニューの名称がうろ覚えで申し訳ありません(汗)……。

f:id:yokobentaro:20160629184311j:plain

f:id:yokobentaro:20160629184324j:plain

さらには『海老と卵の炒め』に『ピータン豆腐』を注文、このあたりのメニューも中華には欠かせませんね(笑)。卵は比較的しっかりと火が通っており、海老は大ぶりでプリプリしています。こちらも塩気が絶妙で美味ですね。ピータンの濃厚さとアッサリとした豆腐のコラボも、暑い日には最高のおつまみです(嬉)。

f:id:yokobentaro:20160629184342j:plain

……などと食べ進んでおりますと、早くも『生ビール』は空っぽ、二杯目からは『ウーロンハイ』に切り替えます。どうもビールは、飲み始めはとても美味しいのですが、すぐ味覚が苦く感じてしまいますもので(汗)。

f:id:yokobentaro:20160629184406j:plain

f:id:yokobentaro:20160629184420j:plain

次は、これまた定番の『焼き餃子』に『酢豚』。餃子の皮は厚めのモッチモチ、餡はジューシーでほのかな甘みも感じます。『酢豚』の具材は柔らかい揚げ豚肉にピーマン・人参・玉葱と、ここまでは定番ですが、ジャガイモも使われているのが面白いですね。これが意外と甘酢に合っていて美味しいですよ。

f:id:yokobentaro:20160629184528j:plain

で、これらをつまんでいたら、再び飲み物を飲み干し……『ウーロンハイ』お替わり!!!

f:id:yokobentaro:20160629184548j:plain

ここで、『豚耳のキュウリ和え』と『鶏の唐揚げ』をオーダーしたのですが、お店が混雑してしまい、少々時間がかかっているとのこと。『枝豆』をサービスでいただいてしまいました(嬉)。

f:id:yokobentaro:20160629184629j:plain

f:id:yokobentaro:20160629184642j:plain

少々の時間を経て、この二品も配膳されてきました。豚の耳はコリコリしていて、八角の風味が爽やか、塩味のキュウリとよくマッチしてお酒がさらに進みます。『鶏の唐揚げ』はマヨネーズを付けていただくと、美味しさがアップしますね!!!

……などと飲み食いを堪能しておりましたら、アッという間に午後十一時近くになっておりました。慌ててお勘定を済ませたところ、合計金額は六千百三十円。ひとり三千円ちょっとの計算ですので、そこそこリーズナブルですかね。けっこうお腹もいっぱいになりましたし、酔っ払いましたので、これでお開きにしようと、亀戸駅方面へと戻ったのですが……。

この続きはまた今日お話ししますね(笑)!!!!!

●昨日歩いた歩数……一万千三百九十五歩、また平日モードに戻ってしまいました……。