涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

地下鉄新宿線 新宿三丁目駅近く 煮干中華そば鈴蘭の中華そば!!!

f:id:yokobentaro:20160626155639j:plain

先週の金曜日は、再び新宿三丁目まで書籍の修正原稿を引き上げに出かけてました。で、用事が済んで時間を確認しますと、午後二時を回っております。そこで、ここ最近ハマっておりますラーメン屋さんで、昼食を摂ることにしました(笑)。

f:id:yokobentaro:20160626155652j:plain

そのラーメン屋さん、屋号は『煮干中華そば鈴蘭』といいますが、都営地下鉄新宿線の新宿三丁目駅のC6もしくはC7出口からすぐ、住所は新宿区新宿三丁目十一番地十二号。円形の伊勢丹の駐車場のある交差点付近になります。

f:id:yokobentaro:20160626155704j:plain

で、いつものように店舗前の立て看板をチェック、すでに数量限定の『煮干そば』と『海老つけめん』は実食済みです。本日は気温もさほど暑くはないので、以前から気になっていた『中華そば』七百三十円を食べてみることにしましょうか。

f:id:yokobentaro:20160626155717j:plain

さっそく店内に入ってみると、さすがにお昼から少し時間がズレておりますので空席があります。入口左側にある券売機でまずは食券を……ボタンが黄色・オレンジ・赤と三段になっていたのは黄色=通常トッピング、オレンジ=チャーシュー増量、赤=特製トッピングという種分けでした。これは僕でもわかりやすいので助かります(汗)……。

f:id:yokobentaro:20160626155730j:plain

食券を店員さんに手渡すと、ほんの数分ほどで『中華そば』が配膳台に置かれました。以前に食べた『煮干そば』はかなり煮干と動物系の出汁が濃厚でしたので、『中華そば』はアッサリ系なのかと思っていましたが、意外とそうでもなさそうですね(嬉)!!!

こちらのラーメンもスープには油膜が張り、その上にはレアな叉焼が二枚・長いメンマ・ナルト・刻み葱トッピングされ、器の縁には焼き海苔が一枚貼られております。香りは煮干などの、魚介系の風味が強めですね。

f:id:yokobentaro:20160626155747j:plain

今回は『中華そば』ということで、粗挽きコショウを振りかけてみることにしました。それでは、まずはスープを……煮干に加え、サバ節なども使われているようで、魚介系の旨味が充分に堪能できます。動物系の出汁もタップリで濃厚で少しトロ味のあるスープ、さらには刻み葱の香味とコショウの風味も合わさってとても美味です。塩気もしっかりとしていて僕好み、比較的低加水で太めのズッシリとした麺にスープがしっかりと搦み、食べ始めると、もう止まらなくなります。

叉焼のレアな食感もたまりませんね。柔らか・プリプリ・ジューシーの三拍子が揃っております。また、柔らかめに仕上げられた長いメンマも、ここのラーメンには欠かせませんね。この時期に熱いラーメンは……とも思ったのですが、そこそこ汗も掻き新陳代謝が活発になったようにも思えます(笑)!!!

そういえは、次から次へと入ってくるお客さん、『中華そば』の注文率が高いような……。それはさておき、今週は修正したゲラを届けたり、印刷所入稿などで、頻繁にこの辺りにきますが、そのときは『まぜそば』を試してみましょうかね……。

●昨日歩いた歩数……一万九百四十四歩、ほとんど仕事で篭りっきりでした。今日は印刷所入稿でまた新宿に行きますので、そこそこ歩数は伸びそうです!!!

 

www.yokobentaro.com

 

 

www.yokobentaro.com