読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区千束 三島屋でもんじゃ・たこ焼・焼きそば三昧!!!

先週のお題は「ゴールデンウィーク2016」だっそうですね。では僕の場合は……。

ゴールデンウィークの前半、五月一日は中学校時代の同期四人と久々の昼食会を開きました。

f:id:yokobentaro:20160505141935j:plain

f:id:yokobentaro:20160505141947j:plain

向かった先は、浅草は千束にある『三島屋』。『たこ焼』『今川焼き』『もんじゃ』などの粉もの美味しいお店で、お持ち帰りをされるお客さんが、いつも店舗の前に列をなしています。『みつ豆』や『あんみつ』もお店の中でいただくことができますよ。

f:id:yokobentaro:20160505142013j:plain

住所は台東区千束三丁目四番地九号、浅草国際通りを三ノ輪方面に進みますと、途中に『鷲神社』がありますが、その手前の道を右折します。ちょっとわかりづらいので大まかな地図を載せておきますね。

f:id:yokobentaro:20160505142027j:plain

えっと、お値段は『たこ焼』『焼きそば(普通盛り)』『お好み焼』が各三百円、『もんじゃ』三百五十円、『今川焼き』は一個八十円とリーズナブルなお値段です。

f:id:yokobentaro:20160505142050j:plain

では、さっそく店内に入ってみましょう。もうお昼の十二時を回っていたのと、外に人がたくさんおりましたので混み具合がちょっと心配でしたが、空席があります(嬉)。

f:id:yokobentaro:20160505142114j:plain

では、何を注文しましょうか……とりあえず『もんじゃ』を人数分で四つ、『たこ焼』『焼きそば(普通盛り)』は各二つずつ注文することにしました。飲み物はセルフサービスで、冷蔵庫から好きなものをセレクト、ソフトドリンクは一缶百円です。

f:id:yokobentaro:20160505142140j:plain

お持ち帰りのお客さんの分といっしょに調理をしていますので、お時間は少々かかります。それでも、十分とかからずに『焼きそば』が到着しました。ソースの香りが一面に立ち籠めて、さっそく各々の箸で争奪戦。青のりたっぷりでソースも効いていてシンプルながらとても美味です。

f:id:yokobentaro:20160505142157j:plain

続いて、少し遅れて『たこ焼』も配膳されました。これは熱い!!! 口に放り込んだのはいいものの、みんな熱さで口が利けません。表面はいい感じの焼き目がついていますね。中はトロットロ、大きめのタコが入っていて食べ応え満点、紅生姜の辛味と塩気がいいアクセントになっております。こちらも争奪戦必至ですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20160505142211j:plain

さらに数分経った頃に、四角い鉄板で調理された『もんじゃ』が、湯気と音をたてながら登場しました。これは猫舌にとっては、とても危険な食べ物です(笑)。たっぷりのそばにキャベツ、紅生姜や桜えびの赤も鮮やかな一品、卵が落とされているのも嬉しいですね。これで一皿三百五十円は本当にお安いと思います。

f:id:yokobentaro:20160505142222j:plain

これだけ注文すると、四人がけのテーブルはいっぱいっぱいです(汗)。ソースの旨味の効いた『もんじゃ』は、半分はそのままいただきました。残りの半分は、卵の黄身を割り混ぜて食べるとマイルドな味が楽しめますよ(嬉)。

で、これらを四人ですべて食べきった頃には、もうお店の前には入店待ちのお客さんが……。慌ててお勘定を〆てもらったところ合計三千円、ひとり七百五十円の計算になりますね。本当に懐にも優しくて満腹になれる、とても嬉しいお店でした!!!

それではとりあえず、お茶でも飲みに浅草方面へと戻りましょうか(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万千五百七十八歩、また平日モードになってしまいました。今日は水道橋まで打ち合わせで出ますので、そこそこ歩数は稼げそうです。