読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

晩の食生活シリーズ 上野松坂屋の北海道物産展②!

その他グルメ

昨日からのお話の続きになります……。

前日は母親が『上野松坂屋』本館の六階催事場で開催されている『北海道物産展』で、『牛帆ステーキ弁当』を購入してきました。そこで翌日の夕方に、僕も『上野松坂屋』に出向いてみました。

いちおう母親に、晩ご飯を用意しないようにとの電話を入れてみたところ、ちょっと前にふたたび物産展に寄ってコロッケなどを買ってきたとのこと、先を越されました(汗)。そこで、僕は目についたお惣菜などを買ってくる程度に留め……。

f:id:yokobentaro:20160502143314j:plain

で、買ってきたものは、釧路の『小町園』というお店の『鮭の塩麹漬け』二百グラムと……。

f:id:yokobentaro:20160502143330j:plain

『つぶ貝ワサビ』二百グラムを買うことにしました。これをふたつ合わせて三千二百四十円、そろそろ予算の手持ち残高が限られてきました。

f:id:yokobentaro:20160502143434j:plain

そこで、あとは定番のお菓子を一品買って実家に戻ることに……選んだお菓子は、日持ちも考えて『六花亭帯広)』の『マルセイバターサンド』の五個入り六百五十円を選択、とりあえず本日はこのへんで退散しますか(嬉)。

f:id:yokobentaro:20160502143458j:plain

さっそく実家に辿り着くと、ずいぶんと大きなコロッケがちゃぶ台の上で鎮座しております。これに先ほど購入した『鮭の塩麹漬け』と『つぶ貝ワサビ』を小皿に盛り、一杯飲むことにしました。二百グラムってけっこういっぱい入っていますね……。

f:id:yokobentaro:20160502143545j:plain

f:id:yokobentaro:20160502143607j:plain

このコロッケ、『マルヒロ太田食品(函館)』の『ジャンボタラバかにコロッケ』という商品で一個五百四十円とのこと、割ってみるとほぐしたタラバかにがタップリ入っていて蟹の風味が強くて美味、ホクホクの潰したじゃがいもとよく合っていますね。蟹の旨味を楽しみたいので、ソースはかけないでいただきましょう。

f:id:yokobentaro:20160502143657j:plain

『鮭の塩麹漬け』はとても柔らかくて新鮮な生サーモンに、旨味とほどよい塩気の塩麹がよく馴染んでお酒が止まらなくなりますね。それに加え『つぶ貝ワサビ』のコリコリした食感と、少しツンとくるワサビの爽やかな刺激がさらに飲酒に拍車をかけます。

f:id:yokobentaro:20160502143709j:plain

でも、飲み過ぎは禁物ですので、用意した二缶までで止めておきましょう(笑)。

f:id:yokobentaro:20160502143721j:plain

食後のデザートには、『小樽洋菓子舗ルタオ』の『タルトフール(フロマージュ)』。こちらは一つ四百三十二円、けっこう奮発しましたね。濃厚なチーズケーキのようなペーストに、角切りのチーズを混ぜ込んで焼いているのでしょうか、甘さも控え目で、小さいながらも充分にボリュームのあるお菓子です。さすがに本日『マルセイバターサンド』までいただくとカロリーオーバーなので、これは翌日のお楽しみにとっておきましょうか(笑)!!!

この『上野松坂屋』の『北海道物産展』は五月十日(火)まで開催されていますので、最終日までにまた買い物に出かけてみることにします!!!!!

●昨日歩いた歩数……二万三千二十五歩、二日連続で目標達成です!!! 昨日は谷中近辺を歩き回っていました(笑)……。