読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴の台湾牛肉麺で定番ランチフルコンプ!

ラーメン

……ついに「ラスボス」の登場です(笑)!

f:id:yokobentaro:20160325195917j:plain

『中国飯店 楽宴』の定番メニュー二十種類の全制覇、ラストを飾るメニューは『台湾牛肉麺』になりましたが、実は「ランチ麺類」のメニュー表の中でいちばんヘビーそうな見た目でしたので、食べるのを先延ばしにしていて最後まで残ってしまいました。

f:id:yokobentaro:20160325195934j:plain

あらためて店頭のメニュー看板で『台湾牛肉麺』を確認するも、ボリュームもしかりですが、コッテリしていそうなイメージもありますね。で、お値段は七百八十円です。

さっそく店の中に入ってみましょうか。時間は午後二時ちょっと前、もう空いている頃だとは思うのですが……。ところが、何故かこの時間で店内はいっぱい、あえて二人がけのテーブル席が確保できました。

それでは、『台湾牛肉麺』を早々に注文。麺類の無料サービスは、最後まで半チャーハンで通して……。本日は待つこと五分もかからずに、コチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20160325195958j:plain

『台湾牛肉麺』に半チャーハンと杏仁豆腐の付いたセットになります。

おやっ? お醤油ベースのスープで、ずいぶんと澄んでいますね。トッピングには、茹でたモヤシに青菜と、さらには見た目スライスされたチャーシューのような牛肉が六枚、その上には搾菜も乗っています。スープには刻み葱も浮いていますね。麺はいつもの中華麺、ウェーブが緩くかかっている中細麺です。

f:id:yokobentaro:20160325200029j:plain

ではまず、スープのお味から……おそらくこのお店の汁そばの中では、『とりそば』と並ぶぐらいあっさりしているのではないでしょうか。塩気は強くなく、トッピングされた搾菜の風味がスープにも移っていて、味わいがより深くなっています。八角独特の香りも漂ってきますね……。

牛肉は脂っぽさはまったくなく、箸で持ち上げると崩れそうなホロホロの柔らかい仕上がりですね。お味は八角の風味がほどよく効いた塩味で、スープ同様あっさりした印象です。

f:id:yokobentaro:20160325200105j:plain

途中で、半チャーハンを食べましょう。こちらは安定した美味しさで、最近これを口にするととても安心しますが、完全にここのランチに身体が慣れてしまったようですね(汗)。

で、ふたたび牛肉麺を食べ出し、スープを一滴残さず飲み干すまで、配膳されてからわずか十二分。あんかけの汁そばと較べると、半分近くの所要時間で食べきっていますね。そして、名残惜しくも最後に杏仁豆腐を美味しくいただき定番ランチメニュー全制覇達成!!!!!

『台湾牛肉麺』、見た目がとてもヘビーな感じがして最後まで手をつけませんでしたが、実はこのお店の汁そばの中でも飛び抜けてあっさりしていたとは、大きな誤算をしておりました(大汗)……。

f:id:yokobentaro:20160324190301j:plain

こちらの『中国飯店 楽宴』へのアクセスは……住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です!

これで『中国飯店 楽宴』の定番ランチメニュー、全制覇のお話はおしまいです。みなさま、これまで長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました!!!

f:id:yokobentaro:20160325200149j:plain

●昨日歩いた歩数……一万五百六十六歩、やっぱり平日モードに戻ってしまいました(汗)……。