読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

春分の日の谷中ぎんざ 後藤の飴と向島 吉備子屋のきびだんご!!!

またもや昨日からの続きのお話で恐縮です……。

f:id:yokobentaro:20160324175432j:plain

入場無料のため混雑していた『上野動物園』を池之端門から抜け出たあとは、不忍通りを根津方面に抜けて、お菓子を買いに谷中へと向かうことにしました。もう、この頃には前日飲んだアルコールもだいぶ抜けて、いつもの体調に戻っております。

f:id:yokobentaro:20160324175510j:plain

ウォーキングの足取りも軽やかに地下鉄の根津駅を通過し、千駄木駅付近に出ましたら、次は不忍通りから三崎坂の通りへ右折、さらに次の角を左折して直進しますと『よみせ通り』に差しかかります。

本日は『よみせ通り』側の入口から『谷中ぎんざ』を抜けることにしましょう。

f:id:yokobentaro:20160324175526j:plain

『谷中ぎんざ』のアーチに差しかかりましたが、先のほうまで人通りで混雑している模様です。これは「夕やけだんだん」まで行くのも大変そうですね。

f:id:yokobentaro:20160324175549j:plain

通りに入ってみると、お肉屋さんの前にメンチカツの購入の行列ができていたりと、やはりスムーズには進みませんね。焦らずゆっくりと歩きましょうか。

f:id:yokobentaro:20160324175608j:plain

で、とりあえずは「夕やけだんだん」下の『後藤の飴』に到着ました。なぜこのお店までわざわざやってきたかと申しますと、「谷中銀座商店街」のスタンプが三百円分貯まっていて、有効期限が今月末までだったもので(汗)……。

f:id:yokobentaro:20160324175626j:plain

ここでの戦利品は『黒かりんとう』三袋に『生にんにく味噌あられ』『お徳用味あわせ煎餅』『桜葉せんべい』が各一袋。これで〆て約千九百円のところ、スタンプの値引きのおかげで千六百円ぐらいになりました(嬉)。あっ、『黒かりんとう』三袋は母親のお土産に……。

f:id:yokobentaro:20160324175712j:plain

では買い物を済ませましたので、帰途に着くことにしましょう。「夕やけだんだん」を上がって下を見下ろすと、このような混雑ぶりでした。通りは人で埋め尽くされていますね。

f:id:yokobentaro:20160324175748j:plain

谷中霊園』方面へと向かおうとすると、途中に何やら人集りができておりました。年配の女性が何かを販売しているようですね。ちょっと覗いてみましょうか。

f:id:yokobentaro:20160324175808j:plain

のぼり旗には「日本一きびだんご」の文字が!

もしやと思い、手押し車の貼紙をよく確認すると『向島 吉備子屋』と屋号が書かれていました。向島からここまで遠征するのはかなり大変だったのでは……。このきびだんご屋さんも、各地域を移動しているので、本日ここで見かけたのは本当にラッキーかも。一人前五本で二百五十円、さっそく買って食べてみることにしました。

f:id:yokobentaro:20160324175836j:plain

紙袋の中にはきな粉たっぷりの『きびだんご』が五本、茹で上がり熱々の状態で入っております。これをさっそく取り出して……。

f:id:yokobentaro:20160324175852j:plain

「何だアレ?」と、すれ違う人に言われながらも、歩きながらいただくことにしましょうか……うん、モッチリしていて美味しいですね。ちょっと「くず餅」に似た感じの味がしますが、これが「きび」の風味なのでしょうか……甘めのきな粉も素朴でいいですね。でも、あっという間に食べ終わってしまうほどの玉のサイズ。

「これは二、三人前買ったほうが良かったかも……」

と、墓地を抜けてから、ふと気付いたのでした(汗)!!!

●昨日歩いた歩数……二万三十八歩、三日連続目標達成です!!! 今日はちょっと疲れましたので、通常モードで過ごそうと思います……。