読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

神田淡路町 博多もつ鍋 やまやの鶏の唐揚げ明太子風味定食!

その他グルメ

f:id:yokobentaro:20160322113549j:plain

久々に、浅草から離れての昼食です。フネさんからの情報に寄りますと、ランチ時に明太子・からし高菜とご飯が食べ放題のお店があるとのこと、さっそく二人で出かけてみることにしました。

f:id:yokobentaro:20160322113614j:plain

合流場所はJR御茶ノ水駅付近、午後一時半の待ち合わせです。そして無事合流、フネさんの先導に従い、比較的最近建てられた『ワテラス』という商業複合ビルに向かいます。住所は千代田区神田淡路町二丁目百五番地の二階、食事処がテナントで何店舗も入っていますね。

f:id:yokobentaro:20160322113651j:plain

その中で、本日の目的のお店は『博多もつ鍋 やまや』、新しく開店したお店のようで、店構えも綺麗です。では、メニューを物色……。

f:id:yokobentaro:20160322113706j:plain

ランチは五種類ほどあるようですが、すでにメニューの一つは完売しておりますね。で、僕はお肉系のメニューを……今回は『鶏の唐揚げ明太子風味定食』にしてみましょうか、お値段は各千円(税込)です。ランチタイムは午前十一時から午後二時まで、ちょっとギリギリでしたね……。

f:id:yokobentaro:20160322113732j:plain

店内は清潔感の溢れた雰囲気、テーブルの上には何故かこのような漫画が置いてありました。学研の「まんがでよくわかるシリーズ」、これで明太子の勉強を(笑)……。

f:id:yokobentaro:20160322113750j:plain

さらには蓋付きの鉢が二つほど各テーブルに置かれていますが、蓋を開けると明太子とからし高菜が入っておりました。『やまや』の明太子、素材の新鮮さを活かした、浅漬けのような食感がたまりませんね。この生タラコの風味と仄かな辛さが絶妙で僕好みの味!!!

f:id:yokobentaro:20160322113924j:plain

で、待つこと十分ほどで、コチラが配膳されてまいりました。メインの『鶏の唐揚げ明太子風味』に切り干し大根の小鉢、若布の味噌汁が付きます。ご飯茶碗は大きめで、たっぷり一膳分のご飯が盛られていました。

f:id:yokobentaro:20160322113945j:plain

唐揚げは明太子風味ということで、すこし赤みがかった色味ですね。けっこう大きめの唐揚げが五つ盛られています。では、さっそく唐揚げにご飯を合わせて、いただきます!!!

f:id:yokobentaro:20160322114009j:plain

唐揚げは、表面はカリっと揚っていて中はジューシーで柔らか、肉汁が溢れます。しっかりと鶏肉に明太子の漬けダレの味がついていますので、この唐揚げ二つでご飯が一杯食べられてしまいますね。

f:id:yokobentaro:20160322114024j:plain

すぐに一杯目のご飯を食べきってお替わり。二杯目は唐揚げと明太子で美味しくいただきました。ヤバい……さらにはからし高菜も加わり二杯目もあっという間に完食です。

f:id:yokobentaro:20160322114230j:plain

……せっかく明太子がたくさんあることですので、やっぱり三杯目は明太子ご飯が食べたくなり、さらにお替わり。このまま食べ出すと本当にキリがなさそうですので、ここで打ち止めにしました。

この『博多もつ鍋 やまや』、僕のような大食い人種には打ってつけのお店。これから利用頻度が高くなること間違いなしですね(笑)!!!

●昨日歩いた歩数……一万三百七十九歩、やはり平日モードでした。今日は水道橋まで出かけてきますので、少し歩数が稼げそうです。