涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR御徒町駅北口近く パンチョのミートソース大盛り+ポテトサラダ!

先日、イタリア料理のチェーン店で『きのこのミートソーススパゲッティ』を食べたときに、ふと思ったのですが……。

ミートソースのスパゲッティが食べたくてイタリアンレストランに入ると、当然本格的なイタリアンテイストの美味しいパスタが出てきますよね。でも、たまには昭和の時代に喫茶店や食堂などでよく食べた、当時のミートソースって無性に食べたくなりませんか?

f:id:yokobentaro:20160315184942j:plain

そこでふと思い出したのが、先日大盛りナポリタンを存分に堪能した『スパゲッティーのパンチョ』。このお店、たしかナポリタン以外にもミートソースのスパゲッティがあったような……。さっそく、JR御徒町駅の北口近くの、派手な赤い看板の目立つお店まで出かけてきました(笑)。住所は、台東区上野五丁目二十六番地十号の地下一階になります。

f:id:yokobentaro:20160315185013j:plain

では、表に出されているメニュー看板で確認、えっと……。

f:id:yokobentaro:20160315185025j:plain

やっぱり、ちゃんとメニューにありますね。『ミートソース』は六百九十円、これは『ナポリタン』と同一料金。大盛りで六百グラムの量が楽しめると思うと、やはりお値段はお安めかと思います。

f:id:yokobentaro:20160315185220j:plain

それでは階段を下って、店内に入りましょうか。入口近くに券売機がありますので、ここで食券を購入いたします。で、『ミートソース』だけではちょっと寂しいので、『ポテトサラダ』付きの『ミートポテサラ』七百四十円のボタンをポチっと……。『ポテトサラダ』のトッピングは、単品でも追加できてお値段は五十円です。

時間は午後二時半を少し回っていますが席は満席に近いでしょうね。それでも何とか空席発見、さっそく食券を店員さんに渡します。ここで、「小・並・大のどのサイズにしますか?」と聞かれますので、もちろん「大」にしました。ちなみにスパゲッティーの量は「小・並・大」とも同一料金です。注文をしてから、だいたい十分~十五分で配膳されてきます。

f:id:yokobentaro:20160315185233j:plain

そして、配膳きました『ミートポテサラ』がこちら! 配膳の際に店員さんが「紙エプロンはお使いになりますか?」と声をかけてくれますので、白っぽいお洋服の方は特にご使用をオススメします(笑)。そしてこの大盛り、写真では判りづらいと思いますが、麺は太めでかなりのボリュームです。やっぱり六百グラムの麺は壮観ですね(汗)。

f:id:yokobentaro:20160315185244j:plain

では、卓上にセットされた「タバスコ」と「パルメザンチーズ」をたっぷりと振りかけていただきましょう……。うっ、麺がお皿からはみ出すので慎重に混ぜないと。さらにエプロンは使用しなかったので、ミートソースの跳ねに注意して姿勢を低めに食べ進みます。

まずはミートソースの部分を……これぞ昭和のミートソースの味! タップリの挽肉に微塵切りの玉葱・トマトをじっくりと煮込んだ印象で、甘みと酸味のバランスがとてもいいですね。太めのスパゲッティはオイルで炒めてあり、たまにパリッとした食感の部分があるのがたまりません(嬉)。この大盛りの麺に充分にいき渡る量のミートソース、これも嬉しいですね。少しずつ、零さず跳ねさせずにゆっくりと食べ進みます。

で、箸休めのポテサラ……とても滑らかに擂り潰したジャガイモの中に、食感を残した荒潰しのものも混ぜられ、さらに白っぽい中に人参の微塵切りが彩りを添えています。控え目な甘さと酸味で仕上がっていて、こちらもとても美味ですね。

でも、さすがにこれを完食するまでにそこそこの時間を要しました。お店をあとにする頃には満腹中枢もマックス状態、昭和の味をこれでもかというぐらい堪能できました(笑)!!!

三月十一日の東京スカイツリーのライティングは、いろいろな配色を短時間のローテーションで変化させていました。その中のワンパターンですが、黄緑・淡い紫・緑の三色のツリーも珍しいですね。

f:id:yokobentaro:20160315185258j:plain

●昨日歩いた歩数……一万四千五百五十三歩。御茶ノ水に出かけて、そのまま浅草まで徒歩で戻ったわりにあまり歩数は稼げませんでした……。

 

yokobentaro.hatenablog.com