読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴の上海焼きそば!

「それでは、次回は『上海焼きそば』あたりを攻めることにいたしましょうか(笑)!!!」

と、昨日締めくくりました、『中国飯店 楽宴』の全メニュー制覇の続きになります。

f:id:yokobentaro:20160228143137j:plain

さっそく『上海焼きそば』六百八十円をいただこうと、出かけた時間は午後一時半、案の定まだお店は混み合っておりました。が、何故かこの日に限って、いつもの定位置が空いておりましたので、そこに腰かけましょう……というか、顔見知りの店員さんがその席を勧めておりました(笑)。

f:id:yokobentaro:20160228143150j:plain

無料サービスは本日も半チャーハンにしました。では、座って少々待ちましょう。すると、次から次へと料理待ちのお客さんの注文の品が手際よく配膳されていきます。そして、空いている時間帯より多少はかかったものの、八分ほどでコチラが配膳されてきました!

f:id:yokobentaro:20160228143201j:plain

『上海焼きそば』のセットになりますが、何かお盆が寂しいような……中華スープが切れていたようですね。こちらは作りたてをのちほどいただけるようです。

f:id:yokobentaro:20160228143214j:plain

それでは、さっそく『上海焼きそば』から……具は細切りのキャベツ・玉葱・人参に加えてモヤシ・ニラなどの野菜類、木耳に豚肉、『ソース焼きそば』と具は同じですね。ただ、『ソース焼きそば』を食べた印象は日本の焼きそばに近い味付けに感じましたが、対してこの『上海焼きそば』は完全に中華料理の味付け、おそらくはオイスターソースを使っているように思われます。ちょうどよい塩気と旨味、こちらもとても美味です!!!

麺はちょっと太めで少し硬めの仕上がり、この仕上がり具合はとても好みですね。野菜はほどよく火が通っていて柔らかめです。で、この焼きそばに夢中になっているタイミングで……。

f:id:yokobentaro:20160228143237j:plain

できたて中華スープの登場です。さっそくレンゲで掬ってひと口……トロ味がついているのでかなりの熱さ、これはヤケドすること必至ですので、冷めるまで待ちましょう(汗)。この間にチャーハンを、焼きそばとともにかき込みました。チャーハンも安定した美味しさ、さすがにこの中華の焼きそばにはよく合いますね!!!

f:id:yokobentaro:20160228143256j:plain

そして、これらを完食したあとに、ちょうど食べやすい熱さになった中華スープを美味しくいただきました。さらにはお楽しみの〆の杏仁豆腐、これを食べる頃には毎回満腹中枢が刺激されていますね(笑)。

で、とうとう残すはあと汁そば系の五種類……これからは、見た目もかなりヘビーな、ボリュームたっぷりメニューの連続です!

f:id:yokobentaro:20160225165057j:plain

こちらの『中国飯店 楽宴』へのアクセスは……住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です!

●昨日歩いた歩数……一万七千九百十二歩。浅草界隈から錦糸町まで往復してきましたが、目標の2万歩には届きませんでした(汗)……。