涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴の五目あんかけ固焼きそば!

昨日、「そろそろ焼きそばなどのメニューを食べてみましょうかね……」と〆た『中国飯店 楽宴』の「ランチ麺類」、本日は三種類ほどある焼きそばメニューから、選ぶことにしてみましょう。

f:id:yokobentaro:20160219141537j:plain

そこで……本日選んだのは、ふだんから大好きな固焼きそば系のメニューにしてみました。『五目あんかけ固焼きそば』、お値段は七百八十円ですね。では、さっそく店内に入ってみましょう。

f:id:yokobentaro:20160219141551j:plain

時間はすでに午後二時を回っていますので、店内は空いております。さっそく定位置に腰かけてオーダー……。無料サービスは本日も半チャーハンにしました!

f:id:yokobentaro:20160219141606j:plain

で、いつものように五分ほどで、まずはこちらが配膳されてきました。あれ? 何かが足りないことに、みなさんもお気づきでしょう。珍しく半チャーハンが切れていたようで、炒めている最中の模様です。汁そば系の「ランチ麺類」には若布と玉子の中華スープは付きませんが、焼きそばメニューに限ってはスープも付くのですね。デザートの杏仁豆腐は、もちろん付いてきます。

f:id:yokobentaro:20160219141636j:plain

ではさっそく、『五目あんかけ固焼きそば』を……たっぷりの具がお皿から零れ落ちそうですね(汗)。でも零さず、ヤケドもしないようにゆっくり食べ進みます。固焼きそばの麺は皿うどんのような感じの細い揚げ麺なのですね。

このあんかけの具は、白菜・人参・青菜・筍などの野菜類に、マッシュルーム・椎茸・袋茸・木耳などのキノコ類、さらには豚肉・イカ・エビなどのたくさんの食材が使われています。これは以前食べました『中華丼』と同じ食材ですね。お味もオイスターソースの味付けが中心だと思いますが、ほどよい塩気でちょっと濃い口の仕上がり、細麺とよく馴染みます。また皿うどんとは違った、中華料理の味付けの固焼きそば、こちらもたまりませんね!!!

f:id:yokobentaro:20160219141648j:plain

そして五分ほどして、できたてアツアツの半チャーハンが届けられました。これはまたホクホクして、より美味しく感じます。本日はいいタイミングで入店したようですね(嬉)。

固焼きそばを半分ほど食べ終えた時点で、ちょっと酸味が欲しくなってきましたので、お酢を回しかけてみましたが、これもとっても美味、みなさんもお好みで使ってみてください(笑)。

最後に〆の杏仁豆腐を堪能しましたが、今回もヤケドを恐れてのゆっくりの食事になりました。二十分以上かけて食事を食べることも、身体にはとても良い気がしますので、これからは早食いには気をつけようと思った次第でございます(汗)。さっ、残すはあと七種類……。

f:id:yokobentaro:20160211134933j:plain

こちらの『中国飯店 楽宴』へのアクセスは……住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です!

●昨日歩いた歩数……一万千八十八歩。また平日モードに戻ってしまいましたね(汗)。