涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴の黒担々麺!

f:id:yokobentaro:20160218125844j:plain

前回、『中国飯店 楽宴』で『特製担々麺』を食べてみましたが、そのとき、この『特製担々麺』以外に『黒担々麺』という担々麺がありました……。

f:id:yokobentaro:20160218125917j:plain

そこで、ちょっと間が空きましたが、この『黒担々麺』を本日は試してみたいと思います。お値段は『特製担々麺』と同様、七百八十円です。さあ、この二種類はどのような差があるのでしょうか(笑)。

f:id:yokobentaro:20160218125937j:plain

午後二時ぐらいに出かければ、確実に店内が空いていますので、その時間を狙って入店、やはり店内はもう空いておりますね。

では、さっそく定位置に座り『黒担々麺』のセットを注文しましょう。無料サービスは本日も半チャーハンにしました。そして、待つこと五分もかからずにコチラが配膳されてきました。

f:id:yokobentaro:20160218125950j:plain

『黒担々麺』と半チャーハンのセット。いつものようにデザートの杏仁豆腐も付いていますね。半チャーハンは黄色い仕上がりで、卵と炒められたご飯とともに細かく刻まれた人参と叉焼が混ぜ込まれています。量は……ほんのチョットですが、これはサービスですので(笑)。

f:id:yokobentaro:20160218130007j:plain

『黒担々麺』は、ずいぶんとスープがトロリとして見えますね。パッと見、名前の通り黒っぽい印象です。心なしかかなり辛そうにも見えてきます。では担々麺から……粗挽きのお肉にもやし・水菜・貝割れ大根・刻み葱のトッピングは『特製担々麺』と同様です。スープにはやはり辣油が回しかけられていてそこそこ辛そうですね。

f:id:yokobentaro:20160218130027j:plain

では、まずはスープをいただいてみましょうか……わっ、辣油を除けてみるとスープはさらに真っ黒け。ゴマペーストというか、黒ゴマを大量に擂り潰したものを使っている感じがします。甘み、塩気はちょうどよい感じですが、黒ゴマ独特のほどよいシブ味もあります。これは風味の強い黒ゴマ好きの人にはたまりませんね。さらに麺を持ち上げてみると……。

f:id:yokobentaro:20160218130049j:plain

麺がずいぶんと黒く色づいているのがわかります。茹で具合は少し硬めで、モッチリとした歯応えですね。これにシャキシャキした野菜類と、その香味が相まって深い味わいに仕上がっています。急いで食べるとヤケドにしますので、充分に気をつけて食べましょうね。黒ゴマの味と甘辛く味付けされた粗挽きのお肉もとってもよく合って美味、かなり多めに感じていたスープも、キレイに飲み干しました。が、飲み干した丼の底には、擂り潰された黒ゴマがかなり沈澱しております。なんか、これで一気に健康体になれた気がしてきました(笑)。で、いつものようにデザートの杏仁豆腐でヒンヤリと〆て完食。

これで、「ランチ麺類」も残すところ八種類。そろそろ焼きそばなどのメニューを食べてみましょうかね……。

f:id:yokobentaro:20160211134933j:plain

こちらの『中国飯店 楽宴』へのアクセスは……住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です!

●昨日歩いた歩数……一万五千四百三十七歩。昨日は資料の購入のため、岩本町書泉ブックタワーで買い物をしました。徒歩で往復すると、けっこう歩数が稼げますね(笑)!

 

yokobentaro.hatenablog.com